Exhibition, News

ワビサビ展「ケーブル」2022年3月19日(土)~4月3日(日)

手と花では2022年3月19日(土)~4月3日(日)の会期でワビサビ展「ケーブル」を開催いたします。

コロナ禍の中、真っ白なディスプレイに向かってひたすら描いた数百点のデジタルドローイングから、“Cable/ケーブル”シリーズのモノクロバージョンのみをセレクト。
12作品を和紙にプリントして展示します。

★3月26日(土)18:30~
Cable Session Party

出演:KENRO(Foglamp)、ワビトロン、DJ:Shohei Fujimoto

ワビサビ展“Cable”の開催を記念して、緩く穏やかなパーティを開催いたします。
ワビトロンも2年ぶりの演奏、またワビ同郷のバンド仲間、KENROも友情出演決定!
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

ワビトロン/ワビ(Vo.Bass)、ニトロクン(Vo.Djembe)、鏑木裕(Vo.Guitar)によるトリオ。
TETOKAをホームベースに、全国で活動中。

KENRO(Foglamp)/シンガーソングライター、トラックメーカー、嘆きの歌うたい。
昨年ギターデュオ Fog lampがCD “Dear lost season”をリリース。

DJ:SHOHEI FUJIMOTO

ワビサビ/wabisabi 
1999年、工藤“ワビ”良平と中西“サビ”一志によって結成されたデザインコンビ。札幌を拠点にアドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、ファッション、インテリアまで多方面での制作を行っている。“デザ院株式会社”所属。日本グラフィックデザイナー協会理事、札幌アートディレクターズクラブ運営委員。85TH ニューヨークADC AWARDS銀賞、86TH ニューヨークADC AWARDS MERIT賞、第8回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2006金賞、TAIPEI INTERNATIONAL POSTER FESTIVAL銅賞、国際ポスターコンペティション・ショーモン入選、ラハティ・ポスター・ビエンナーレ入選、D&AD FACE TO WATCH 2009認定、JAGDA新人賞 2005、亀倉雄策賞ノミネート、2011JAGDA賞、第1回東京ミッドタウンアワード準グランプリ、北海道広告業協会協会賞、栗谷川健一賞、札幌アートディレクターズクラブコンペティション グランプリ他受賞多数。
http://www.deza-in.jp/wabisabi.html

展覧会概要
展覧会名:WABISABI EXHIBITION “Cable”
会期:2022年3月19日(土)~4月3日(日)
営業時間: 16:00〜22:00
※ まん延防止等重点措置に伴い3月21日(月)まで営業時間は15時〜21時、
3月22日(火)より営業時間は16時~22時となります。
どうぞご理解ご協力をお願いいたします。
※ 社会情勢により営業時間が変更になる場合がございます。
ご来場の際にはホームページ、snsでのご確認をお願いいたします。
休廊日:水曜日
会場:手と花|TETOKA
住所:東京都千代田区神田司町2-16-8.1F
Tel : 03-5577-5309
※換気のため、店舗引き戸を開けた状態で営業しております。店舗内では、次亜塩素酸水噴霧器にて除菌と加湿に努めます。入口、店内、トイレに除菌スプレーを置き(手指消毒としてご利用ください)ご来場いただいた際はマスク着用の上、手指消毒の実施、手洗いや、うがいなど、ご協力を頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
ご自身の健康と体調に気をつけつつ、無理のない範囲でご来場、ご高覧いだだければ幸いです。

2022-03-14 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments »