Exhibition, News

信濃八太郎個展「光灯手花(ヒカリガトモルテトカ)」2019年10月18日(金)〜11月4日(月)

手と花では10月18日(金)〜11月4日(月)の会期で信濃八太郎による個展「光灯手花(ヒカリガトモルテトカ)」を開催いたします。本展では、香港のネオン看板に着彩した立体などの新作を紹介します。

安西水丸先生との出会いは、偶然のような、きっと必然だった。

きっかけは日大の芸術学部在学中、同じ図書館難民のハグレモノ仲間に誘われて潜った授業後の宴会で。酒が進んだ2人は「何か描いて持ってきたら見てあげる」という特殊な関係で、何年もの縁を育むことになる。

絵の何たるかも分からぬまま、描いては描き、褒められたり怒られたりしながら「絵は人なり」を学んだ。「なにも頭でっかちに芸術をやろうと、裸になれと言ってるんじゃない。ここに君が生きているだけで、それが本質なんだ」と、イラストレーター道を説いた安西先生。「僕は一本の線だけで、それが和田誠か、宇野亜喜良か、横尾忠則か、灘本唯人の線かが分かる。君もそうならなければ」と言った亡き恩師に、今ならきっと、信濃八太郎の線というのも分かるに違いない。

展示を前にtetokaで会った信濃さんは、お店に置いてあった香港のネオン看板に魅了されて、それをキャンバスにすると言った。「コントロールが効かない要素を絵のなかに必ず入れたい、それが絵を面白くする」と話す信濃さんの最高潮の興奮を、そうなれば、全力で楽しみたいと思う。会場は、信濃さんの幼馴染で大学時代に日大の音楽室に潜ってピアノを練習し、数ヶ月前にtetokaにピアノを持ってきてくれた豊洲仲卸の小松和史さん(魚狂かつ、日本一戦メリを弾いた男)の演奏も響く、懐かしのウォン・カーウァイ映画のような、ちょっぴり切なくもある秋の舞台となるでしょう。
(大池明日香/LABLINE.TV)

あくまで「個人的な」職能見解ですが、常々イラストレーターの仕事というのは、看板屋さんや電気屋さんと同じようなもので、いかに斬新な絵を描くとか芸術的なハンダ付けが出来るとかを見せるよりも、困ったときには「はいよ」と、すぐに道具を持ってかけつけてくれる存在であるべきなんじゃないかと思っていて、そんなつもりで日々仕事しています。生活する人と同じ速さで一緒に歩いていくなかで、自分に出来ることをする。

比喩のつもりでよく使っていた言い回しが、なんと今回、素敵な素材(電気がつく看板!)との出会いがあって実現する運びとなりました。看板屋イラストレーター。
日々の暮らしを少し明るく灯すような、そんな作品を展示したいと思います。
(信濃八太郎)

PROFILE
信濃八太郎/Hattaro Shinano
イラストレーター。1974年生まれ。日本大学芸術学部演劇学科舞台装置コース卒業。在学中より安西水丸氏に学ぶ。雑誌、書籍、広告などを中心に活動中。現在、wowowシネマ『W座からの招待状』(毎週日曜21時から)で小山薫堂さんと案内人役を務める。
http://shinanohattaro.com/

EVENT
▼10月18日(金)
夕方頃〜オープニングパーティー。持ち寄り可・お子様歓迎・小松和史ピアノ演奏+信濃八太郎アニメーション上映あり。
▼10月26日(土)
TETOKA定例の音楽イベント「GOD BLESS U」に信濃八太郎がDJ参加します。
▼11月2日(土)
料理・三浦康嗣(□□□)×魚・小松和史(豊洲仲卸)による魚会。

展覧会概要
展覧会名:信濃八太郎個展「光灯手花(ヒカリガトモルテトカ)」
会期:2019年10月18日(金)〜11月4日(月)
営業時間:16:00~23:00
作家在廊日、他イベントなどは、SNSほかホームページで告知します。イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。詳細はTETOKA ホームページ、Facebookをご確認下さい。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制
企画 ・プロデュース/LABLINE.TV with Hattaro Shinano

2019-10-10 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

陶磁器好 展|Ceramic Lover exhibition 2019年11月8日(金)~12月1日(日)

テトカでは、11月8日(金)~12月1日(日)の会期で陶磁器好 展|Ceramic Lover exhibition を開催いたします。人々の生活にもっとも身近な工芸、陶磁器を集め、陶芸家やアーティストの作品に加え、工業生産品や手工芸品、古物、骨董など制作された場所も時代も方法も違う様々な陶磁器を展示販売いたします。木工芸の漆器はJAPANと呼ばれ、陶磁器はCHINAと呼ばれて古くから世界中で親しまれてきました。
現在、漆塗りの木工芸品|JAPANは生活スタイルの変化に寄り添えずに生き残りを賭けた改良が日本中の産地で続けられています。陶磁器|CHINAは代替品のプラスティックの隆盛と落日を横目に見ながら、ゆるぎなく淡々と新しい表現が現れ続けている様に感じられます。
今のJAPANとCHINAの関係に比例するかのようです。工芸の王者、陶磁器の世界をぜひご高覧下さい。

【紅組】
太田京子 [金柑画廊]
二宮佐和子 [ Tambourin Gallery ]
YOKEY [ Wish Less Gallery ]
小林千絵子 [ Tetoka Gallery ]
太田素子 [ Mograg Gallery ]
タイラミホコ [ 陶制作|Rocketiida ]
石部奈々美 [亀戸アートセンター]
Yoshimi Saito [ Artist ]
esou ceramics
藤本ミホ [日曜陶芸家]
野菜緒子 [ 内装設計 ]
haha|みゆき/ゆみえ [ 料理人 ]
北村佳奈 [ アーティスト ]
コグレチエコ [ イラストレーター ]
真崎桃子 [ MATKA ]
エヴェリナ・スコヴロンスカ [版画家]
道田有妃 [ Moon Shine ]

【白組】
長谷川義太郎 [文化屋雑貨店]
高橋恭司 [写真家]
角田純 [画家]
WABISABI [デザ院]
堀道広 [漫画家]
山内崇嗣 [現代アーティスト]
松本充央 [陶芸家]
長谷川迅太 [ JINTA ]
牛抱幾久真 [ KIKA ]
奥村乃 [ tatami ]
青木政宜 [ EASY AS PIE ]
関真利 [びようしつseki. ]
吉川徹 [ディレクター]
手塚敦嗣 [ TETOKA ]
清水幸佑 [料理人]
マジック・コバヤシ [吉原P ]

【会期中イベント】
★11月8日(金)オープニング・レセプション
19:00~
生花|TATSUNOSUKE [ Flower Stylist ]
★11月15日(金)器と醗酵料理/野菜たっぷりの醗酵料理とピアノ演奏をお楽しみ下さい。
19:00~【お料理】今泉有美子/yuloom主催
21:00~【ピアノ演奏】 一瀬英司/ヒーリングセラピスト・from paris

展覧会概要
展覧会名:陶磁器好 展|Ceramic Lover exhibition
会期:2019年11月8日(金)~12月1日(日)
営業時間:16:00~23:00
★オープニング・レセプション:11月8日(金)19:00~
生花|TATSUNOSUKE [ Flower Stylist ]
他イベントなどは、SNSほかホームページで告知します。イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。詳細はTETOKA ホームページ、Facebookをご確認下さい。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2019-10-09 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.4「小指噛まれて痛いから、マイクを持つとたっちゃうの」2019年10月10日(木)

テトカで絶賛開催中のワビサビ展「緊縛ホルモン」feat.常盤響(10月14日/祝月まで)にて、10月10日(木)にK&Sを開店させていただきます。
色っぽい魅惑の作品に囲まれながら、魅惑の夕べをみなさまと是非ご一緒したいと思っております。

さよなら夏の日。悪魔なあの人に虜にされて、風立ちぬ今は秋。
ごめんね、去年の人にまだ縛られてるけど、あれもこれも多分愛、好きな男の腕の中でも違う男の夢を見ちゃうものなの。貴方が噛んだ小指も痛い。めぐる季節の中で、そんな小春日和の穏やかな日に天城を超えて、お越しくださいませ。

ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.4
「小指噛まれて痛いから、マイクを持つとたっちゃうの」
日時: 2019年10月10日(木)18:00-23:00 (ラストオーダー:22:30)
1ドリンクオーダー/1曲 200円 

ママ 太田京子(金柑画廊)
チーママ 二宮 佐和子(タンバリンギャラリー)
サウンド担当:藤本正平
照明 :㥁祐介
ゲスト新人見習い:大室みどり

会場: TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2019-10-05 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

ワビサビ展「緊縛ホルモン」feat.常盤響 2019年 9月28日(土)〜10月14日(祝月)

手と花では、9月28日(土)~10月14日(祝月)の会期でワビサビ展「緊縛ホルモン」feat.常盤響を開催致します。
結成20周年を迎えたワビサビの新たな挑戦は、長年親交のある常盤響氏との初コラボレーション。双方の個性が交じりあう、ニューエロスの世界をご堪能ください。

ワビサビは縛師となり、常盤響の撮り下ろしを、お家芸ホルモンで縛る!縛る!縛りまくる!
Model:Mocoro Mamiya

ワビサビ/wabisabi 1999年、工藤“ワビ”良平と中西“サビ”一志によって結成されたデザインコンビ。札幌を拠点にアドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、ファッション、インテリアまで多方面での制作を行っている。“デザ院株式会社”所属。日本グラフィックデザイナー協会理事、札幌アートディレクターズクラブ運営委員。85TH ニューヨークADC AWARDS銀賞、86TH ニューヨークADC AWARDS MERIT賞、第8回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2006金賞、TAIPEI INTERNATIONAL POSTER FESTIVAL銅賞、国際ポスターコンペティション・ショーモン入選、ラハティ・ポスター・ビエンナーレ入選、D&AD FACE TO WATCH 2009認定、JAGDA新人賞 2005、亀倉雄策賞ノミネート、2011JAGDA賞、第1回東京ミッドタウンアワード準グランプリ、北海道広告業協会協会賞、栗谷川健一賞、札幌アートディレクターズクラブコンペティション グランプリ他受賞多数。
http://www.deza-in.jp/wabisabi.html

常盤響/Hibiki Tokiwa 1966年東京生まれ。80年代半ばからバンド活動の傍ら雑誌を中心にライター、イラストレーターとして活動を開始。90年代に入りCDジャケットを中心ににデザインを始める。1997年書籍の装丁をきっかけにフォトグラファーとしての活動を始め、既存の概念にとらわれない作風で人気を得る。写真集として『Sloppy Girls』(新潮社)『Girl Friends』(小学館)他多数。2012年より自身の写真を発表するブログマガジン『週刊ニューエロス』(http://www.weeklyneweros.com)を毎週配信。現在福岡県糸島市在住。

【会期中イベント】
★10月10日(木)ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.4
「小指噛まれて痛いから、マイクを持つとたっちゃうの」
18:00-23:00 (ラストオーダー:22:30 )1ドリンクオーダー/1曲 200円 
さよなら夏の日。悪魔なあの人に虜にされて、風立ちぬ今は秋。
ごめんね、去年の人にまだ縛られてるけど、あれもこれも多分愛、好きな男の腕の中でも違う男の夢を見ちゃうものなの。貴方が噛んだ小指も痛い。めぐる季節の中で、そんな小春日和の穏やかな日に天城を超えて、お越しくださいませ。
ママ 太田京子(金柑画廊)
チーママ 二宮 佐和子(タンバリンギャラリー)
サウンド担当:藤本正平
照明 :㥁祐介
ゲスト新人見習い:大室みどり
http://tetoka.jp/archives/6996

★10月14日(祝月)クロージング・パーティ
19:00~
LIVE:ワビトロン
工藤“ワビ”良平(b./vo.) ニトロクン(per./vo.)鏑木 裕(g/vo.)
DJ:常盤響 他

展覧会概要
展覧会名: ワビサビ展「緊縛ホルモン」feat.常盤響
WABISABI EXHIBITION 「KINBAKU HORMON」feat.HIBIKI TOKIWA
会期: 2019年9月28日(土)~10月14日(祝月)
★オープニング・レセプション:9月28日(土)19:00~
LIVE:ワビトロン、DJ:Shohei Fujimoto 他
★クロージング・パーティ:10月14日(祝月)19:00~
LIVE:ワビトロン、DJ:常盤響 他
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2019-10-02 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments »