Exhibition

角田純「Muddy Mouth 」2018年12月8日(土)~2019年1月27日(日)

テトカでは、2018年最後と2019年最初の企画展、角田純 [ Muddy mouth ]を開催致します。
角田の新作である、漆喰を多層に塗り重ねた木製パネルに、筆の走り軽やかなカリグラフィーを思わせる抽象画が、長い時間、風雨に耐えた塗り壁のように静かに心に染み渡ります。
タイトルの[ Muddy mouth ](泥状の唇)も縄文土器を愛し、どんな形にも変化、焼成する泥と、アイヌ民族の竹製口琴(ムックリ)の奏者でもある角田が、唇をふるわせて奏でる、太古の音とリズムが絵画の中で共鳴するかのようです。展示会期中にはムックリLIVEも予定しております。
そして、展示空間構成に德永青樹が参加いたします。德永は、角田の長年の友人であった山梨、ギャラリーTRAXの故・木村二郎氏に師事し、近年はTRAX空間のメンテナンスに携わっています。
角田と德永の2人でなければ存在しえない、新しいテトカを、ぜひご高覧ください。

今回、角田純の新作展は4部構成。それは、漆喰を下地に使ったシリーズ、毛筆のストロークを思いのまま走らせたシリーズ、アイヌの歌を耳コピしてひらがなでしたためたシリーズ、ガラスケースに入った未完の立体だ。この展示に際して角田の亡き盟友木村二郎の愛弟子である徳永青樹が空間構成としてテトカ自体を大改装した。‬これによって作品の解像度のようなものの純度が高まった。もともと良い作品がさらに良く観える。美味い酒や料理も良いグラスや良い皿でさらに美味くなることと一緒だな。
当展示は全体的に角田の趣味的エッセンスが濃厚だなと感じた。漆喰のシリーズはあたかもタギングされた壁を切り出したかのようなグラフィティ的作品。毛筆ストロークは電話中メモ帳に描くような遊びの要素。アイヌの歌ひらがなシリーズは角田の最新作で彼の音楽的興味と毛筆ストロークが合体した唯一無二の面白さに満ちている。それらはとてもハイセンスなインテリアとも言えるのだが、タギングされる壁は本来エクステリアだしアイヌとひらがなも本来なら対立項ではないか?その相反する同居の面白さはリミックス的な面白さに満ちていて彼の真骨頂とも言えるだろう。
また以前より氏がコレクションしている鉱物などを分析し作品にフィードバックさせた感覚が漆喰作品の経年感、重層感や硬質な質感にも通じる。さらにその最新版が鉱物そのものを素材に使った立体作品だろう。硬化した水酸化カルシウムの石っぽさによるフェイク感と本物の結晶の同居。それぞれ質感の印象が近くても物理的価値が全く違うものを合わせることで自然がつくったのか、人工なのか曖昧になる部分も興味深い。作品を結晶と比喩する意味ではこれまた入れ子構造的に面白い。
昨今のコンセプトやコンテクストに依存し過ぎな若い作家達はこの極めて感覚的な作品群を今こそは観るべきではないだろうか。もちろん作家ではない純粋な鑑賞者にも、この高純度な感覚的鑑賞体験をおすすめします。 〔 マジック・コバヤシ 〕

Jun Tsunoda/角田純
Lives and works in tokyo.
Born in Aichi, Japan, in 1960.
Graduated from Tama Art University in 1984.

空間構成 | 德永青樹
Composition | Aoki Tokunaga
1977 鳥取県鳥取市生まれ。
1998 建築を志す中で故・木村二郎の作品に出会う。
2000 この春から2年間木村二郎のアシスタントとしてgallery TRAXに勤める。
2002 建築設計事務所にて設計修行、そのうち設計で出来ることに限界を感じ、自分で作り始める。
2008 長野県諏訪郡富士見町で活動を始める。
2010 松本クラフトフェア出品の際、現TETOKAの手塚に発見される。
2013 TETOKAのOPENに合わせ、カウンターを製作。同じ年、角田がTETOKAを訪れ、TRAXに雰囲気が似ている事を感じた際、手塚が德永が製作した事を説明し、この瞬間、TETOKAとTRAXと角田と德永が繋がる。
2018 角田が7月にgallery TRAXで展示した際、TETOKAでの展示を12月に控えてる事を知り、今回の空間構成をするに到る。

【会期中 EVENT】
★12月15日(土)Cords of Sound|音 の 縄
19:00~23:00 Entrance Free
神道や仏教、アイヌ信仰、琉球神道など、日本各地の伝統的な信仰に見られる自然崇拝や世界観を、音楽的見地から考察します。国や地域、ジャンルにとらわれず、広い意味での土着的、神秘的、実験的音楽を自由にミックスすることにより、ニッポン文化の源流に迫ります。
Live.角田 純 [ムックリ]
Dj. 白石隆之 |岡田卓志
Visual.手塚敦嗣

展覧会概要
展覧会名:角田 純 | Jun Tsunoda「Muddy Mouth 」
会期:2018年12月8日(土)~2019年1月27日(日)
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
※2018年12月31日(月)~2019年1月6日(日)休廊
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2019-01-22 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

井出佳美「あいまいばらんす|よその島mansaku」2019年2月1日(金)~2月17日(日)

テトカでは、井出佳美 個展「あいまいばらんす|よその島mansaku」を開催いたします。お酒の強くない井出さんは、いつもテトカでヘナヘナとニコニコ酔っぱらっています。
スマホの小さな画面で見せてもらった作品群は、アウトサイダーアートの持つ正体不明の空気をまとうノートの片隅の少女漫画のような、子供から少女へと移り変わるほんの短い時間を永遠に留めようとするかのようでした。マティスの一番良い時期の室内風景画との親和性を感じました。アウトサイダーで少女漫画のマティス、井出佳美個展をぜひ、ご高覧下さい。 

ゲシュタルト生成の段階から外界に影響をうけるまでの躍動感やその局面で生じる脱論理こそが子どもの絵の醍醐味ですが、ちょうど20年前に井出さんの絵をはじめて見たとき、こうした子どもの絵のプリミティブな表現に反し、画面構成に隠された美しい放物線、直線、水平垂直によって周到に組み立てられた一定の秩序に目を見張りました。2007年のピアノの練習曲をテーマにした個展では、以前は隠されていた秩序が捨象によってあらわとなりエチュードのリズムと同期するように前面化した一連の作品を見ることで、彼女の鋭利な平衡感覚をふたたび確認することができました。要所でふわっとあらわれる井出さんの平衡感覚が今回のmansakuのものがたりをどうコントロールするのか、それを考えただけでも楽しみな展示です。さすがTETOKA。  ( 都築潤 )

手と花での個展に向けて最初に描いた絵のタイトルは、よその島で咲く「マンサク」。
早春、風になびく黄色いリボンのような花びらが窓から見える。
霊感、直感、神秘、閃き、魔力、不思議、6つ抽象的な花言葉を持つマンサクはよその島のどこかで咲いていると想像すると、次の景色、その向こうの景色と思い描いていく手がかり、背景となっていきました。  ( 井出佳美 )

Yoshimi Ide biography
個展 / 2001|ROCKET / 2007|thorn tree gallery
グループ展 / 2016|ギャラリールモンド「得体」/ 2017|Pulp 「得体」大坂巡回展
仕事 / BRUTUS|雑誌表紙  / カソウスキの行方|書籍カバー
m-flo |CDカバー / 昔の女|新国立劇場演劇ポスター

展覧会概要
展覧会名: 井出佳美「 あいまいばらんす|よその島mansaku」
会期: 2019年2月1日(金)~2月17日(日)  

【オープニング・レセプション:2月1日(金)19:00~(作家在廊)】
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制  

2019-01-19 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

「Where the Music?」2019年1月15日(火)

1月15日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。来月で6周年!を迎える、本イベントですが、今年もボツボツ、コツコツとやっていきます。本年もよろしくお願い致します。一発目の今月は、いつものDJたちがごきげんにやってくれる(でしょう)!しょうこちゃんの美味しいご飯と、寺門さんから、お年玉代わりのミックスおみやげもあります!皆様のお越しをお待ちしております。

「Where the Music?」
日時:2019年1月15日(火)18:00~23:00
【 DJ 】
白根ゆたんぽ
Ryusuke Ikeda
Yumicco
山田道生
寺門克也
DJおにぎり
Shohei Fujimoto
【FOOD】
しょうこちゃん
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2019-01-11 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「GOD BLESS U 」2019年1月26日(土)

MICHIO YAMADAがスペシャルゲストをむかえ夕方から音楽と美味しいご飯とお酒が楽しめるGOD BLESS YOU。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

GOD BLESS U
日時:1月26日(土)16:00~23:00
EENTRANCE:FREE

DJ :
 
伊藤桂司
Katz 25 (Oneness of Creation)
Orkbot
YOJI IIZUMI
24
MICHIO YAMADA
FOOD:
魚屋阿修羅くん
マジックコバヤシ
※限定ガパオライス

TIME
***************************************
16:00-17:00 24
17:00-18:00 Orkbot
18:00-19:00 YOJI IIZUMI
19:00-20:30 伊藤桂司
20:30-21:30 MICHIO YAMADA
21:30-23:00 Katz 25
***************************************


会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2019-01-11 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

カカオセレモニー!気がつけば心も体もポッカポカ 2019年1月14日(月・祝)

フェアトレード、オーガニック、メキシコジャングルのスーパーフード、マヤカカオを使ってのワークショップ

ホットチョコレートを飲みながら七輪でカカオ豆をゆっくりていねいに炭火焙煎、カカオ特有の多幸感ある香りに包まれながらカカオとの出会いやその魅力、生産者さんの暮らしなどのお話をします。
その後は焙煎したて挽きたてのカカオ豆とジャングルシュガーを混ぜ攪拌、型に入れて冷凍庫で15分冷やせばホールチョコレートのできあがり。ハーブやスパイスを混ぜたり、カカオ、砂糖の含有量を変え試食、食べ比べていきます。
マヤカカオは農薬、化学肥料不使用なので抗がん作用、強壮作用などの成分を含む外皮をそのまま使用します。
生のカカオ豆から搾ったマヤカカオバターには美容、健康、保湿効果がありその場でお試しいただきます。

カカオセレモニー!気がつけば心も体もポッカポカ 
 フェアトレード、オーガニック、メキシコジャングルのスーパーフード、マヤカカオを使ってのワークショップ ~ 
日時:2019年1月14日(月・祝)14:00~16:00 
参加費:3500円 定員:12名 
お申込先 :  株式会社GOROCUBA 代表 片山吾郎
Mail :gorocuba@gmail.com 
こちらに予約の人数と連絡先と名前を明記をお願いいたします。 お電話でのお問い合わせはこちらから。(Tel 080-6073-2061)
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309

 

★マヤカカオと片山吾郎
2011年3月11日の東日本大震災で職を失い、この機会と以前から憧れていたキューバへ旅に出る。キューバの東の果てバラコアで、チェ・ゲバラが栽培を推奨して現在へ至るカカオと出会い、自然界屈指の抗酸化作用を持ち、なおかつ人を幸せにする成分を含むことを知り、今の日本に必要なものはこれと絶望の出国から大志を抱き帰国、株式会社GOROCUBAを設立。しかしキューバ大使館仲介の下、輸入を試みるが全くうまくいかず、職、土地を転々とし瀬戸内海は小豆島に流れ着く。
2015年の暮れ、隣島の豊島で新婚旅行中のメキシコ人夫婦と出会い、メキシコはカカオ発祥の地と知り、彼らを頼りにメキシコへ旅立つ。より高品質のカカオを求め、現地での情報収集の末、グアテマラとの国境地帯、チアパス州は高地ジャングルの生産地にたどり着く。
この地帯は、1970年代、土地を持たない小作農者に政府が未開のジャングルの開拓を条件に解放したところで、道のないジャングルを人力のみで切り開いたインディへーナ(先住民族)の無数のコミュニティ(家族、親戚単位)があり、現在は国立公園に指定され、マヤの古代遺跡が点在している。彼らはほとんど自給自足の生活をし、現金を得るためカカオ豆、コーヒー豆を栽培している。それぞれが勝手に売っていたが、結局は買い叩かれ搾取されていた。そこに2015年に農家支援の非営利団体(CAMADDS,A.C.)がジャングルカカオ農家組合(ALIANZA DE CACAOTEROS DE LA SELVA)を結束させた。
この生産地に着いた日の翌日にちょうどカカオ農家組合の集会がありそこで挨拶をした。「私は日本からカカオ豆を買いにやってきました。カカオ豆がどんな環境で、どんな人たちが育てているかを見にきました。より平等な取引を目指します。」
その日から各コミュニティを転々として、2週間、ジャングルでカカオ栽培を体験した。そして、ジャングルカカオ農家組合と非営利団体との交渉の末、常に利益を生産者と分け合うことを約束に信用を得る。輸出入の経験がまったくない彼らが、メキシコのジャングルの奥から日本へ送ってきたカカオ豆、それがマヤカカオだ。  

2019-01-07 | Posted in Blog, NewsNo Comments »