News

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』 2016年11月20日(日)

0Y7A6648 (1)
(PHOTO = Great The Kabukicho)

 A.K.I.PRODUCTIONSの、Buchla Music Easelの演奏を中心としたライヴ・シリーズ。今回、『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』での演奏予定曲の予告です。

“初期衝動はヒップホップを超える組曲~DO THE STAP FUNK!~2016ver.~ ” include ; “ラスト・クリスマス / 2015年12月24日のセンター街から始まる、抑圧された「渋谷系、とカテゴライズされる前の可能性に満ちた時代のポップ・アート」の回帰”~“昔は、ラップが好きだった~BACK TO THE OLD SCHOOL / BACK TO THE MIDDLE SCHOOL Pt. 1&2”

“A.K.I.PRODUCTIONSの断片とエピソード・その1”

*以上、2曲、他、を演奏する予定です!(尚、諸事情により、当日、急遽予定変更の場合は、ご容赦くださいませ)。

*尚、これまでライヴで披露されたA.K.I.PRODUCTIONSの“組曲シリーズ”は、“ひふみよ組曲”(2010年11月3日@NANZUKA AGENDA SHIBUYA)
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52087291.html

“I Was Born This Way 組曲:otona=kodomo時代”(2016年6月12日@神田TETOKA)
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52460664.html
http://tetoka.jp/archives/3622
になります。

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/

・岡崎京子さんの作品から受け取ったメッセージ。さらに短くリフレッシュさせた、未発表アルバム『SISTER』について。/ A.K.I.PRODUCTIONS
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52473840.html

・自ら問いを立て、自らそれに挑み、その答えがまた問いを生むことに繋がる、いくつかの文章 。/ A.K.I.
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52470905.html

・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ
http://spaceshowermusic.com/ds/artist/11500350/

・『いとうせいこうフェス』のパンフレット『いとうせいこうを探せ!』に書かせていただいた話の続き・その4(Buchla篇)。/ A.K.I.
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52472749.html

【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。1993年ファースト・アルバム『JAPANESE PSYCHO』を発表。その後、メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるソロ・ユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。その後、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、A.K.I.の哲学がシンプルに示されている。2014年より、神田TETOKAにて、ライヴ形式で新作発表を行う不定期ライヴ、『トランスクリティカルHIP HOP ショー』をスタート。2015年には、東京都現代美術館で行われた「山口小夜子 未来を着る人」展での宇川直弘氏の作品に参加。DOMMUNEのスタジオでライヴを行った映像が会場で上映された。また、この年、4枚目のアルバム『SISTER」に着手し、今年2016年に完成(しかし、リリース予定は今のところなし)。また、2016年より、神田TETOKAにて、Buchla Music Easeiの演奏を中心にした、不定期ライヴの新シリーズ『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス』をスタート。今後は、2010年に刊行予定だった、幻の著書『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』が、“天然文庫”より、いよいよリリースされる予定。

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』
日時:2016年11月20日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

写真は、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』@神田TETOKA(’16/6/12)の模様から(PHOTO = Great The Kabukicho)

2016-10-23 | Posted in NewsNo Comments » 

 

ワビサビ展「 METALOOKS~メタルックス 」2016年11月5日(土)~11月27日(日)

ML_09

TETOKAでは、2016年11月5日(土)~11月27日(日)の会期でワビサビ展「 METALOOKS~メタルックス 」を開催いたします。

「 METALOOKS~メタルックス 」はフリーハンドで描かれた、その交差する線によって仕切られた画を、ひとつひとつ着色してつくられた「ワビサビ」のデジタル絵画です。2011年にシルクスクリーンで制作した処女作ポスターをはじめ、肖像と花をモチーフにしたジークレープリントを展示します。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

ML_03

ML_01

ワビサビ/wabisabi
1999年、工藤“ワビ”良平と中西“サビ”一志によって結成されたデザインコンビ。アドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、ファッション、インテリアまで多方面での制作活動を行っている。ワビはベーシストとして「弥勒ジャーナル」「ワビトロ」など音楽シーンでも活動中。ワビの主宰する“デザ院株式会社”所属。JAGDA運営委員、SADC運営委員。85TH NY-ADC AWARDS銀賞、86TH NY-ADC AWARDS MERIT賞、INTERNATIONAL POSTER TRIENNIAL IN TOYAMA 2006金賞、TAIPEI INTERNATIONAL POSTER FESTIVAL銅賞、INTERNATIONAL POSTER AND GRAPHIC ARTS FESTTIVAL OF CHAUMONT入選、LAHTI XVI POSTER BIENNALE入選、D&AD FACE TO WATCH 2009、JAGDA新人賞 2005、Semaine de la mode à Paris 2015AW 出品、第1回東京ミッドタウンアワードデザイン部門準グランプリ他受賞多数。
http://www.deza-in.jp/wabisabi.html

展覧会概要
展覧会名:ワビサビ展「 METALOOKS~メタルックス 」
会期:2016年11月5日(土)~11月27日(日)

【 オープニング・レセプション:11月5日(土)19:00~作家来廊 】
★ワビトロLIVE
ワビ(vocals, bass) ニトロクン(vocals, percussion) 鏑木裕(vocals, guitar)
DJ Shohei Fujimoto 
  Ryohey Hayashi
  and more!
11169415_10202766244836188_8967639109092875790_n (1)

営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2016-10-22 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

Where’s The Music? 2016年10月18日(火)

スクリーンショット 2016-10-16 23.24.43

10月18日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
DJからの素敵なプレゼントありますよーひさしぶりに、しょーこちゃんのおいしいご飯もあります!
皆様のお越しお待ちしております!

★Where’s The Music?
日時:2016年10月18日(火)18:00~23:00

【 DJ 】
Go Watabe
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

【 Catering 】
しょーこちゃん

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-10-17 | Posted in NewsNo Comments » 

 

TOJU 「 RITUAL AND SHAPE FOR SPACE 」10月1日(土)~10月23日(日)

toju_web1

TETOKAでは、10月1日(土)~10月23日(日)の会期でTOJU 「 RITUAL AND SHAPE FOR SPACE 」展を開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

大きな山かなと 思えたが 小さな山
遠い山かと 見れば 近くの山
高い山に 似ていたが 雲だった。

What appeared to be a big mountain turned out to be a small hill
A seemingly distant mountain turned out to be a nearby hill
What looked like a high mountain was actually a cloud. TOJU.

toju_web2

PROFILE
TOJU [ 画家 ]
1953年生まれ。東京都出身。仙台市在住。20代、西洋古典技法を用いて自然物を象徴的に表現していたが、作品をうみだす行為としての絵画表現技術と、想像力の持つ自然生成プロセスとの関係性に疑問が生じる。30代より現在まで、一貫して自然認識を造形行為(倫理・技術・知覚)の問題として捉える。日常的に都市と天然自然を往還できる環境にある仙台市(宮城)を、生活・制作の拠点と考え、1995年ubusuna美術研究会を発足し、2002年まで活動を続ける。また、「竜の口渓谷」でのパフォーマンス、内実的実験行為(1984〜2001)、呼吸形態としての立体制作(1994〜)、主客合一としての色彩形(1995〜)、オイリュトミー、コルヴスとのコラボレーション(2011.2012)など、多様な方法を用いて「阿吽・山水空間」を探求。日本、スイス ドルナッハ、パリ、ニューヨークにて個展発表活動する。近年は、中国北宋・南宋時代絵画の「気」と、時間・空間表現の技術工程を、「生命宇宙的自己実現」の一つの方法として捉え、絹本模写と造形思考によって研究している。一貫して、((人間は自然を如何に見るのか))という絵画表現以前の自我性と造形の問題を探求する。

EVENT
(トークショー)
TOJU ( 画家 ) × 石田尚志 ( 画家/映像作家 )× 生西康典(演出家)
日時:10月2日(日)15:00開演(14:30開場)
料金:1500円( 1ドリンク付 )
※ご予約は tetoka にお問い合わせください。
03-5577-5309
tetoka.kanda@gmail.com

portrait (1)

石田尚志(いしだたかし)
画家・映像作家 1972年東京生まれ。線を一コマずつ描いては撮影するドローイングアニメーションという手法を用いて、空間のなかに増殖する線や移動する点といった運動性を介入させ、空間の質をさまざまに変容させるインスタレーションを発表している。最近の主な展覧会に、「あいちトリエンナーレ」(2016年)、「茨城県北芸術祭」(2016年)、「Animamix Biennale 」MOCA上海(2016年)、「二夜展」神奈川県立近代美術館鎌倉(2015年)、「石田尚志 渦まく光 Billowing Light: ISHIDA Takashi」横浜美術館/沖縄県立博物館・美術館(2015年)、など。多摩美術大学准教授。
http://www.takashiishida.com/

ikunishi2012

生西康典(演出家)
さまざまな領域の作家たちと広範な活動を展開しており、近年は演劇とインスタレーションの狭間にあるような作品を送り出している。『風には過去も未来もない』『夢よりも少し長い夢』(2015、東京都現代美術館『山口小夜子 未来を着る人』展)、『瞬きのあいだ、すべての夢はやさしい』(2014、MAKII MASARU FINE ARTS)、『おかえりなさい、うた Dusty Voices , Sound of Stars』(2010、東京都写真美術館『第2回恵比寿映像祭 歌をさがして』)など。美学校 実作講座『演劇 似て非なるもの』講師。

(ポエトリー・リーディング&トークショー)
TOJU ( 画家 ) × 暁方ミセイ( 詩人 )
日時:10月22日(土)19:00開演(18:30開場)
料金:1500円( 1ドリンク付 )
※ご予約は tetoka にお問い合わせください。
03-5577-5309
tetoka.kanda@gmail.com

image1 (3)

暁方ミセイ(あけがたみせい)
1988年、神奈川県横浜市生まれ。幼い頃より、自然に触れ詩を書き始める。2010年、第48回現代詩手帖賞。2011年、第一詩集『ウイルスちゃん』を上梓、翌年、同作で第17回中原中也賞。2013年には処女小説「青い花」を『文藝』に発表。その他の著書に、『宇宙船とベイビー』(マイナビ)、『ブルーサンダー』(思潮社)、連詩集『地形と気象』(左右社)がある。

展覧会概要
展覧会名:TOJU 「 RITUAL AND SHAPE FOR SPACE 」展
会期:10月1日(土)~10月23日(日)

営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2016-10-03 | Posted in ExhibitionNo Comments »