Exhibition

白根ゆたんぽ個展「抽象・具象・その他美女など」 2016年3月5日(土)〜3月27日(日)

2016年3月5日(土)~3月27日(日)、白根ゆたんぽ個展「抽象・具象・その他美女など」を開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

yutanpo_01

yutanpo_02

初めてゆたんぽさんと会ったのは、きっと10年とちょっと前の宴会で正しいだろう。その後、幾夜も酔いの席を重ねたせいで、今やすっかり記憶の彼方となってしまったのだけれど。

BRUTUSという雑誌でお願いした東京ドームの内観に、とてつもない数の客席まできっちり描くとか、全クリーチャーとエイリアンを勢揃いさせたスター・ウォーズ動物園を描くとか、そういう猛烈に大変な塗り仕事をこなしながら、今や代名詞と言える線画の女の子の絵を開発し始めたのは2011年初頭のことか。もちろん、ゆたんぽさんが描くエロカワな女の子は大好物だが、それら美女のZINEシリーズなどと平行して突如として投げ込まれる、謎の変化球はさらに好きだ。2011年に『ゆれの中』展で発表した抽象画シリーズや、2013年の『PARK SHOW』での公園の油彩。攻めてる。のに、ハズさない。

『抽象・具象・その他美女など』は、タイトル通り、そういうあれこれの新作展です。もちろん、攻めてる方のね。

書いてたらちょっと思い出が蘇ってきたので、もう少しだけいいですか? 遡ること、2005年。LABLINE.TVで開催したゆたんぽさんと今井トゥーンズさんとのユニットの初個展『YUTOONZ 1st.MIX』のクロージングは、その攻めの歴史においても、伝説に残る夜だったと断言していいと思う。ホームセンターで買った何かをシメシメする超いらない巨大な工具やライトや木材をひたすらカッコよく組んだインスタレーションのなかで、マジック・コバヤシさんが酩酊したままドランク・タワーを積み、その場に介した全員が即興であれこれやり始める、、あの幻のような夜はいったい何だったんだろう。今回、その再訪に焦がれてのクロージングを始め、展覧会中のイベントもお見逃しのなきよう。

2016年3月。偶発的に生まれるであろう「など」の因果とシンクロニシティの彼方へ。

大池明日香(LABLINE.TV)

PROFILE
白根ゆたんぽ/Yutanpo Shirane
イラストレーター。1968年、埼玉県深谷市生まれ。学習コンテンツ用イラストからセクシーなものまで幅広い作風を用いさまざまな媒体にビジュアルを提供。個展を開催、企画展への参加多数。自身によるZINEやグッズの製作・販売なども行う。
http://yuroom.jp/

EVENT
3月5日(土)19:00〜23:00
オープニングパーティ
LIVE/抽象具象HIPHOPショーケース(MC NAZO、蜻蛉老師 a.k.a. とんぼせんせい、MC HOT DOOG a.k.a. GONGON)

◆3月12日(土)17:00〜23:00
Bar ARMSTRONG by two minute warning

作家在廊イベントとして、白根ゆたんぽと縁のあるデザイナー two minute warning氏による「BarARMSTRONG」を臨時オープンします。当日は氏のデザインによる展覧会オリジナルラベルの抽象ビール、具象ワイン(赤・白)をご用意してお待ちしております。
また、急遽マジック・コバヤシが特製カオマンガイで参戦します!

◆3月19日(土)〜3月21日(月)
展示内企画「ゆたんぽコレクション展」

3日間限定で、白根ゆたんぽがこれまで購入してきた原画や複製画、立体物などを陳列します。たまらず買ってしまったものからうっかり買ってしまったものまで、いろいろな作品を個展の作品と一緒にお楽しみいただけます。

◆3月19日(土)19:00~20:30
「ゆたんぽコレクション展」トークショー:白根ゆたんぽ×小田島等

「ゆたんぽコレクション展」初日には、ゲストに小田島等氏を招き、コレクション作品にはじまり本展覧会の作品解説まで幅広くトークします。
定員30名(予約制、30名以降、立ち見若干名あり)
1,000円(1ドリンク+おみやげつき)
※ご予約は tetoka にお問い合わせください。
03-5577-5309
tetoka.kanda@gmail.com

◆3月26日(土)19:00〜23:00
クロージングパーティ

LIVE/YUTOONZ CURRY/マジック・コバヤシ BAR/長嶋五郎
最終日前日のパーティです。今井トゥーンズ+白根ゆたんぽのユニット YUTOONZ によるライブペイントも予定! この日は購入作品をお持ち帰りいただけます。

GOODS
〈YUROOM〉×〈BIG MOUNTAIN〉×〈FABRICK〉リフレクターバッジ、展示図録、その他ZINE、ステッカーなど。

※イベントは予告なく変更される場合があります。詳細はテトカHPなどに更新しますのでご確認ください。

展覧会概要
展覧会名:
白根ゆたんぽ個展「抽象・具象・その他美女など」
会期:3月5日(土)〜3月27日(日)
営業時間:16:00〜23:00
休廊日:水曜日
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制
企画 ・プロデュース LABLINE.TV & YUROOM

2016-02-16 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

2016年2月7日(日)A.K.I.PRODUCTIONS 『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 ~ ハートビートにサリエンシー。そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

0Y7A9233
『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.1~ ポップカルチャーの新しいバランス』
@神田TETOKA(’14/4/24)の写真から(PHOTO = Great The Kabukicho)

およそ1年ぶりのA.K.I.PRODUCTIONSのTETOKAでのライヴは、A.K.I.の好きな作家達(ヒップホップからマンガ、小説まで)を題材にした電子音楽”ハートビートにサリエンシー”、そして、2015年に完成したものの、現時点ではリリース予定のないA.K.I.PRODUCTIONSの4枚目のアルバム“SISTER”の音源を一夜限り公開、それに付随するトークもあります。新春1発目のA.K.I.PRODUCTIONSの新作発表会、よろしくお願い致します!

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/

・未発表アルバム“SISTER”へのA.K.I.のコメントとトラックリストは、下記リンクから。
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52440621.html/

・『実践。』
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52403088.html/

【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。近年は、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、現在のA.K.I.の哲学のエッセンスが示されている。2014年より、神田TETOKAにて、不定期ライヴ『トランスクリティカルHIP HOP ショー』を開始。2015年には、東京都現代美術館で行われた「山口小夜子 未来を着る人」展での宇川直弘氏の作品に参加。DOMMUNEのスタジオでライヴを行った映像が会場で上映された。また、この年、4枚目のアルバム『SISTER」も完成させた(しかし、リリース予定は今のところなし)。2016年には、2010年に刊行予定だった、幻の著書『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』が、“天然文庫”より、いよいよリリース予定。

A.K.I.PRODUCTIONS『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 ~ ハートビートにサリエンシー。
そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

日時:2016年2月7日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは23時まで営業しています。

※小田島等の「アイロニカルな肯定、その愛。」展にお越しの方へ。
LIVE時間が19時30分~21時30分となっております。演奏中は展覧会は観覧しにくい環境となってしまいます。LIVE時間以外でしたら、ゆっくりご観覧いただけます。是非みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2016-02-04 | Posted in NewsNo Comments »