News

11月29日(日)水野健一郎「NININ 」展  スペシャルイベント! トーク&ライブ 『NININとは何か?』

12271583_1007113679359142_1246327073_o

12281834_1006825766054600_1503252525_o

水野健一郎「NININ 」展のスペシャルイベント!
トーク&ライブ  『NININとは何か?』を開催いたします。
スペシャルゲストにトークでは都築潤、AC部!
生演奏のライブでは、今回、NININのアニメーションの音を担当していただいた、アニュウリズム、ヌケメバンド!
豪華なゲストをむかえ、水野健一郎の「NININ」の世界へ。。

アニメーションの上映や設定資料集を投影しながらNININの謎を解明!
京都造形芸術大学の学生さんによる二次創作物の紹介と、スペシャルな夜。

当日はニニンフード&ニニンドリンクも楽しめます!
是非みなさまのお越しを楽しみにお待ちしています。

juntsuzuki_s01color

【 都築潤 】
80年代に複数のグラフィック系コンペで受賞。04年firelight結成を機にWeb広告に携わり、04-05年カンヌ国際広告祭ほか広告賞を連続受賞。10年に個展「ニューエイドス New Eidos」を開催し複数の批評に取り上げられる。近年では13年「都築潤×中ザワヒデキ」展、15年グループショウ「不安すぎるライン」を企画、中ザワ氏とのトークセッション「ニューエイドス以降/検証 1980―2000」を開講。美術出版社「日本イラストレーション史」の監修と執筆。NHK高校講座「美術1」が放映中。京都造形芸術大学教員。多摩美術大学、創形美術学校、美学校ほかで講師。
http://neweidos.cc/

image1

【 AC部 】
多摩美術大学在学中の1999年にAC部を結成。2000年、「ユーロボーイズ」がNHKデジタルスタジアムで年 間グランプリを受賞し、以降、活動を本格化。イラストレーションをベースにした濃厚でハイテンションなインパクトのある表現を心掛け、テレビ、CM、 PV、高速紙芝居など様々なジャンルでくせになるアニメーションやイラストレーション作品の提供を行っている。

anyuurizumu

【 アニュウリズム(anyuu rizumu)】
1980年生まれ。埼玉県出身。
イラストレーション、漫画の制作をしながら、音楽活動をしている。
さまざまなアプローチで、その全方向から一つの世界を確立出来るように、日々奮起している。
http://shikakuihako.blogspot.jp//

nukemeband

【 ヌケメバンド 】
ファッションとアートを結ぶ特異点「Nukeme」を中心に、出演とプロデューサー をこなす suzukiiiiiiiiii やスライムシンセサイザーのドリタ、おもちゃによるグリッチ 担当の 9s9、ギターを担当する Pagtas による五人編成のドローン/エレクトロポッ プユニット。ディープなドローンサウンドとグリッチが交錯する実験的なアプロー チでありながら、かた苦しい感じがないアヴァンミュージック界の Synthpop!!!
http://nukemeband.bandcamp.com/

★「NININ」展 スペシャルイベント! トーク&ライブ『NININとは何か?』

日時:2015年11月29日(日)18:00〜21:30
入場料:1,500円・1ドリンク付 (※先着30名まで着席できます)
スペシャルゲストhttp://tetoka.jp/wp/wp-admin/post-new.php
都築潤、AC部、アニュウリズム、ヌケメバンド

★18:00〜19:00 生演奏(アニュウリズム)
★19:00〜20:30 トークショー(水野健一郎×都築潤×AC部)
   アニメーションの上映
   設定資料集を投影しながらNININの謎を解明
   京都造形芸術大学の学生さんによる二次創作物の紹介
★20:30〜21:30 生演奏(ヌケメバンド)

※メールにて予約を頂いたお客さまを優先に着席をご案内させていただきます。
開始時刻にいらっしゃらなければ、先着の方に座っていただく場合がございます。
30名様まで着席できます。立ち見も大歓迎!!

tetoka.kanda@gmail.com 宛に『トーク&ライブ NININとは何か?』と件名をしていだき、お名前/ご連絡先/参加人数 を本文に添えて、お問い合わせください。 ご予約受付後、確認メールをお送りさせて頂きます。
当日受付にて参加費と合わせて予約していただいたお名前をお伝えください。

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-11-22 | Posted in NewsNo Comments » 

 

ワビサビ ポスター展「ヘイ、ワビサビッチ」2015年12月12日(土)~2016年1月17日(日)

wabisabi_A4_tetoka_ol

TETOKAでは、2015年12月12日(土)から2016年1月17日(日)の会期で、ワビサビの個展「ヘイ、ワビサビッチ」ポスター展を開催いたします。

北海道を拠点に世界中にオリジナル・グラフィックデザインを発信しつづける、デザ院の2人、ワビとサビによるHey,WabisaBitch! ワビサビ ポスター展を開催致します。1999年の結成時から現在まで制作された、広告、グラフック、アートポスター13点をテトカの壁面いっぱいに展示致します。全て購入可能です。会期中はワビのバンド、(カブ)ワビトロのLiveや、Djパーティーなどのイベントがめじろ押しです。ワビサビのオリジナルプロダクトも多数展示販売致します。

- ゆく年、くる年、うるう年、テトカでお待ちしております-
ワビサビ

ワビサビ/wabisabi 
1999年、工藤”ワビ”良平と中西”サビ”一志によって結成されたデザインコンビ。アドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、ファッション、インテリアまで多方面での制作活動を行っている。札幌をベースに置き、北海道の広告やグラフィックデザインを手掛ける一方、スポーツブランドNIKEの広告やプレゼンルームのグラフィックデザイン、ヨウジヤマモト氏の新ブラン「S’YTE」のグラフィックデザイン、トラフ建築事務所デザインによる「kaneka」ミラノサローネブースのグラフィックデザイン等、広く制作活動の場を広げている。また、ワビはベーシストとして「弥勒ジャーナル」「FLEMINGS」「レクチャールーム」「ワビトロ」などで音楽シーンでも活動中。ワビの主宰する“デザ院株式会社”所属。JAGDA運営委員、札幌アートディレクタークラブ運営委員。
http://www.deza-in.jp/wabisabi.html

展覧会概要
展覧会名:
ワビサビ ポスター展「ヘイ、ワビサビッチ」
会期:2015年12月12日(土)~2016年1月17日(日)

[オープニング・パーティ 12月12日(土)19:30〜22:30 作家来廊]
★ワビトロLIVE!
DJにはShohei Fujimoto and more!

[クロージング イブ・パーティー2016年1月16日(土)19:30〜22:30]
★ワビトロLIVE!
DJにはShohei Fujimoto and more!

営業時間:16:00〜23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2015-11-21 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

11月20日(金)Where’s The Music? + ワビトロ&NDARICCA LIVE

スクリーンショット(2015-10-22 22.15.22) (1)

11月20日(金)はWhere’s The Music? + ワビトロ&NDARICCA LIVEを開催します。
今回はおなじみワビトロと大阪からNDARICCA(ンダリカ)が
テトカ初参戦のライブ!(投げ銭ライブになります。)
DJはTenkoがDJ初挑戦!お楽しみに!
また、ワビトロのメンバー、ニトロクンのブランド”motone”の
新作展示会も開催、こちらもお見逃しなく!
そして、ひさしぶりのしょーこちゃんの美味しいお料理で
皆様のお越しお待ちしております。
今月もDJから、いつもよりちょっと豪華なプレゼントもありまーす!

11169415_10202766244836188_8967639109092875790_n (1)

ワビトロ
ワビ(vocals, bass) ニトロクン(vocals, percussion) 鏑木裕(vocals, guitar)

IMG_1676

NDARICCA(ンダリカ)

ソロシンガー東藤リカが
ただ発したいという原始的な欲求に傾倒するワールドミュージックのニュアンスを交えながら
新たな民族性を生むことをコンセプトに
『NDARICCA(ンダリカ)』
と改名し始動。

弾き語りスタイルからよりアグレッシブに
色んな人 音 場所を巻き込み
色を変え 形を変えながら
マッシブと母性を交差させては
変幻自在に歌を放ちます

自分の中で繋がるモノ
自分の中で根付くモノ
自分の中の核となるモノ

LOOP×ROOTS×CORE!!!
LOOP×ROOTS×CORE!!!
LOOP×ROOTS×CORE!!!

161b225d11f108cc5ff957b3b831281e (3)

motone【モートン】

シャツやブラウス、ワンピースを主に手がける福島の縫製工場・ サンユーニが、2012年に立ち上げたファクトリーブランド。音楽、デザインなど様々 なシーンで活躍する表現者のアイデアと、30年以上にわたって蓄積してきた技術をかけあわせることで、ありそうでなかった服を作っていきます。
http://motone.jp/

★Where’s The Music?
日時:2015年11月20日(金)18:00~23:00
※投げ銭!
【 Live 】
ワビトロ
NDARICCA(ンダリカ)
【 Food 】
しょーこちゃん
【 DJ 】
Tenko
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

motone新作展示会

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-11-10 | Posted in NewsNo Comments » 

 

11月9日(月)「Norberto Lobo / 遠藤隆太朗」LIVE

roryu

「Norberto Lobo / 遠藤隆太朗」 Live
日時:2015年11月9日(月) Live 20:00~
※投げ銭
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

ノルベルト ロボ:
ポルトガル人ギタリスト。彼の演奏は6弦のシンプルなアコースティック・ギターのフィンガーピッキングからメロディ・ラインとベース・ラインを緻密に生み出す。楽器の持ち味を存分に引き出し、確かな技術に裏打ちされた透明で濃密な音色は旅人の情緒を感じさせながらも彼の音楽として遥かリスボンの地より心地よい海風のごとく聴衆に吹き付けるだろう。

Norberto Lobo:
Absolutely mindblowing and prodigious acoustic guitar player from Lisbon, who is just about to release his fourth straight classic, ‘Mel Azul’, on crucial Portuguese label Mbari Records. His 30 years of life have been completely immersed in the most joyous of relationships with music and sound. He’s done his profound reading of the most auspicious and melancholic melodies (a place where Steve Reich, Jim O’Rourke, Paulinho da Viola and Carlos Paredes all make sense together unto one existence), has been deeply enriched by the harmonic depth & richness of the samba/bossa heritage (which he knows by heart), and his composition in both short and longer-form is nothing short of remarkable – a sense of structure, narrative and storytelling complete by a total absence of any tics or theatrical antics, in which every turn is revised and remade for maximum fascination for both musician and audience. That and he has one of the best left-hands around – for a right-hand guitar player. Jack Rose and Ben Chasny said so. His fans include Gary Lucas, Naná Vasconcelos and the tragically defunct Llasa de Sela. We’re yet to meet a single human being who is less that astounded by this man’s music. Living proof that the boldest aesthetical moves are 100% compatible with complete social communion.

遠藤隆太朗:
遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、音楽だけでなく詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。

http://endoryutaro.tumblr.com/
https://twitter.com/endoryutaro

Ryutaro Endo:
Ryutaro Endo is a guitarist based in Tokyo. After studying Photography and Art, he transitioned his creative expression from photography into music. While being part of the Tokyo Avant-garde and improvisational scene, Endo keeps his music rooted in traditional styles such as Jazz and Blues, and performs diversely with various musicians. His solo, on the other hand, uses fundamental guitar tone which somewhat brings nostalgia but also searches for a new possibility at the same time.

2015-11-06 | Posted in NewsNo Comments »