Exhibition

水野健一郎「NININ 」展 2015年11月14日(土)~12月6日(日)

ninin01

TETOKAでは、2015年11月14日(土)から12月6日(日)の会期で、水野健一郎の個展「NININ」を開催いたします。

1999 年頃から自身の無垢をあぶり出すために物語を作るようになりました。それは雑念と向き合う行為でもありました。僕の場合、雑念とは主にネガティヴなもの(怠惰、不安、恐怖、劣等感、嫉妬)なのですが、それを物語に盛り込むことにより苦悩が他人事に変換されます。そうして書きためた160 の物語の中から比較的ドラマチックなものを選び、アニメ化を目指して少しずつビジュアライズしていきます。しかしそれはあくまでも創作に没頭するための手段であり、そこで生まれたアニメーションは副産物にすぎません。本展は2014 年の個展『MICROFICTION 2014』をもう少し進行させた展示になります。『NININ』(ニニン/出会い系三部作第三弾)をアニメ化することを最終目標とし、その世界観を断片的 に切り取った作品を展示します。言わば『NININ』というアニメーションの存在を仮定したプレ創作展です。仮定の先に想定される完成への過程を拡張し、 パーソナル・リアリティーへと近づけるのです。
( 水野健一郎 )

『NININ』ストーリー
人間の意識に寄生する地球外生命体ニニンによってデスティニーランドに召喚されたエミリオ・エステバン。ニニンの生態を解き明かすべく、20年間昏睡状態だったボリス・モランの脳から摘出した腫瘍を媒体としてデスティニーランドへの介入に成功したイヴァン博士とサヤ・モランはレディースゾーンでニニンの人工繁殖実験を行っていた。ニニンと融合しながらたくましく成長していくエミリオの運命は20年前のクオリアとの接触によりすでに決まっていたのだった。

ninin02

普通だったら、捨てたり、排除してしまいそうな現象や仕草やあれこれを拾い上げてフィーチャーしてくる。研ぎすまされて達者。そんな変態、ミズケン。にくいぜ。
( Higraph Tokyo 東泉一郎 )

水野さんの描く低反発系生物がときどき夢に出てくる。
そういえば、肌色の色鉛筆ってなくなったらしいっすね。
( STOF 谷田浩 )

作品を繰り返し見るたびに、線や形やネーミングの絶妙な配置が脳内でじわじわつながって、神秘的な長編アニメシリーズの新たなエピソードが生まれていきます。一見クールで突き放してるようで実はやさしく温かい。まるで気品あふれるかっこいい猫ちゃんとコミュニケーションしているような感覚なのです。
( AC部 安達亨 )

正解、不正解が、わりと存在するのがアニメーションの世界だと思っているのですが、その両方を兼ね備えることで発揮される「刺激」が、水野さん作品の最大の魅力だと思っています。今回も、穏やかに描かれた世界と、そこに入ってくる、脳を揺すられるような違和感を存分に楽しみたい!
( AC部 板倉俊介 )

水野健一郎(Kenichiro Mizuno)
アーティスト。1967年岐阜県生まれ。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。個展などの展示活動の他、ジャンルを超えたコラボレーションを精力的に行う。作品集『Funny Crash』(2009年)、『KATHY’s “New Dimension”』(2011年)をTOKYO CULTUART by BEAMSより刊行。2012年より映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。2013年より美學校「絵と美と画と術」講師、東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。
マイファイ(仮)http://kenichiromizuno.blogspot.jp


★「NININ」展 スペシャルイベント! トーク&ライブ『NININとは何か?』
※詳しい内容はこちら→ http://tetoka.jp/archives/3222

日時:2015年11月29日(日)18:00〜21:30 
入場料:1,500円・1ドリンク付 (※先着30名まで着席できます)
スペシャルゲスト
都築潤、AC部、アニュウリズム、ヌケメバンド
★18:00〜19:00 生演奏(アニュウリズム)
★19:00〜20:30 トークショー(水野健一郎×都築潤×AC部)
   アニメーションの上映
   設定資料集を投影しながらNININの謎を解明
   京都造形芸術大学の学生さんによる二次創作物の紹介
★20:30〜21:30 生演奏(ヌケメバンド)

※メールにて予約を頂いたお客さまを優先に着席をご案内させていただきます。
開始時刻にいらっしゃらなければ、先着の方に座っていただく場合がございます。
30名様まで着席できます。立ち見も大歓迎!!

tetoka.kanda@gmail.com 宛に『トーク&ライブ NININとは何か?』と件名をしていだき、お名前/ご連絡先/参加人数 を本文に添えて、お問い合わせください。 ご予約受付後、確認メールをお送りさせて頂きます。
当日受付にて参加費と合わせて予約していただいたお名前をお伝えください。

展覧会概要
展覧会名: 水野健一郎「NININ 」展
会期:2015年11月14日(土)~12月6日(日)
[オープニング・レセプション 11月14日(土)19:00〜22:00 作家来廊]
営業時間: 16:00〜23:00
休廊日: 水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場: TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2015-10-25 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

11月3日(火・祝)Bix&Marki LIVE

858x570 BH3

BiX&Marki「優しいフランス語と浮遊感のあるハーモニー! 淡い色彩のオリジナル曲集」

ビートリックス・Bix (ボーカル&フルート)、片桐 衛・Marki (ギター)が10年に渡るベルギーでの活動を経て、2010年末より日本でフランス語のオリジナル曲を演奏するアコースティックデュオ。
音の隙間を生かした飾りのないサウンド。 ボサノバやシャンソン、ジャズを繊細なヨーロピアンテイストで詩的なオリジナル曲へと昇華。 ささやくような優しいフランス語と浮遊感のある不思議なハーモニーで独創的なオリジナル曲を演奏。5枚のオリジナルCDを発売! 東京を中心に活動する一方、ライブツアーを行い日本各地で演奏。

Welcome to our LIVE ! Bienvenue !     
http://www.makbx.com

日時:2015年11月3日(火・祝) 
Live 1st 19:00~ 2nd 20:00~
チャージ1500円(1ドリンク付)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-10-25 | Posted in NewsNo Comments » 

 

10月26日(月)遠藤隆太朗 Guitar Solo Live

ryutaroendo1026

遠藤隆太朗 Guitar Solo
遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。
実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作る。音楽だけでなく詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。

Ryutaro Endo is a guitarist based in Tokyo. After studying Photography and Art, he transitioned his creative expression from photography into music. While being part of the Tokyo Avant-garde and improvisational scene, Endo keeps his music rooted in traditional styles such as Jazz and Blues, and performs diversely with various musicians. His solo, on the other hand, uses fundamental guitar tone which somewhat brings nostalgia but also searches for a new possibility at the same time.

http://endoryutaro.tumblr.com/
https://twitter.com/endoryutaro

遠藤隆太朗 Guitar Solo Live
日時:2015年10月26日(月) Live 20:00~
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-10-20 | Posted in NewsNo Comments » 

 

10月20日(火)Where’s The Music? + 瀧本満&kikimoras LIVE

スクリーンショット(2015-10-11 21.59.12)

10月20日(火)はWhere’s The Music?を開催します。
今回はうっくんこと瀧本満とkikimorasのライブ、
そして、さくらちゃんのさくら亭の美味しいお料理で
皆様のお越しお待ちしております。
今月はロブからの素敵なプレゼントもありまーす!

★Where’s The Music?

日時:2015年10月20日(火)18:00~23:00

★Live
image1 (3)
瀧本満
Vo./Gt.
16歳の頃ブルーズに出会い、飲み屋などを回り歌い始める

CLj-5mzUEAAqjFs-2
kikimoras.
https://soundcloud.com/kikimoras

★Where’s The Music?
日時:2015年10月20日(火)18:00~23:00
【 Live 】
瀧本満
kikimoras.
【 Food 】さくら亭
【 DJ 】
Rob Kidney (WISH LESS)
Ryohey Hayashi
MIya (California dreamin’)
Shohei Fujimoto

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-10-13 | Posted in NewsNo Comments » 

 

高橋恭司 「セピア」2015年10月24日(土)~11月8日(日)

高橋恭司さん

TETOKAでは、2015年10月24日(土)から11月8日(日)の会期で、高橋恭司の個展「セピア」を開催いたします。日々、撮り続けられている膨大なスナップ写真の中から選び出されたイメージを、テトカの空間に構成します。

高橋恭司 Kyoji Takahashi
写真家。
主な個展1992 「Straight Photographs Kyoji Takahashi 」日本橋高島屋コンテンポラリーアートスペース
1994 「The Mad Broom of Life 」パルコギャラリー東京
2008 「輪舞」RECTO VERSO GALLERY 東京
2013 「ブルーブルー」新宿高島屋美術画廊

主なグループ展1995 「L’equipe du MOIS DE LA PHOTO A MONTREAL 1995」モントリオール
1996 「ニュー・ジャパニーズ・フォトグラフィ1995’s 無意識の共鳴」横浜市民ギャラリー
2000 「Elysian Fields 」Centre Pompidou ポンピドゥセンター
2004 「コモンスケープ/今日の写真における、日常へのまなざし」宮城県美術館

http://www.mildinc.com/takahashi_a/

展覧会概要
展覧会名: 高橋恭司 「セピア」
会期:2015年10月24日(土)~11月8日(日)

[オープニング・レセプション 10月24日(土)19:00〜22:00 作家来廊]
大橋可也(パフォーマンス)×高橋恭司(撮影)20:00start
(高橋恭司が動画撮影をおこないます。クロージングにて、映像上映致します。)

★フォトグラDJナイト! 10月31日(土) 19:00〜23:00
【 DJ 】
高橋恭司
中島宏樹 http://www.nakashimahiroki.com/
藤本正平 http://shoheifujimoto.com/

★クロージング・パーティー11月6日(金)19:00〜23:00
オープニングでの大橋可也(パフォーマンス)を高橋恭司が動画撮影した映像を上映。

営業時間: 16:00〜23:00
休廊日: 水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場: TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2015-10-02 | Posted in ExhibitionNo Comments »