News

5月3日(日)「平石博一&平間貴大」

hirahira

 

【 平石博一 】
作曲家。ミュージック・スペースというグループ展で作品を初めて発表した72年から一貫してミニマル・ミュージック的な作風を追及し続けてきた。作品はピアノ曲などの独奏曲,室内楽からオーケストラ、さらに電子音楽など幅広くあるが、ある種のテクノ・ミュージック,ハウス・ミュージックとも呼べる作風も多い。舞踏ダンサーや映像作家、美術家とのコラボレーションを多く行う。近年はコンピュータ空間音楽パフォーマンスに力を入れている。

【 平間貴大 】
1983年生まれ。新・方法主義者。2010年よりグループ「新・方法」での活動を行う。
現在隔月で配信する機関誌「新・方法」では、タイトルだけしか作らない「無作品」
シリーズを発表中。近作では「松澤宥以外万物全てに見せるための白色円形の根本
絵画のあるコピー用紙二二二二枚はここに消滅した」等、物体の作品も発表している

日時:2015年5月3日(日)19:00~
出演:平石博一、平間貴大
入場料:1000円(1ドリンク付き)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-04-28 | Posted in NewsNo Comments » 

 

4月21日(火) Where’s The Music? + 森重靖宗・遠藤隆太朗Live!

wtm201504

4月21日(火)はWhere’s The Music?を開催します。
今月もDJ SiCKがお休みですが、
森重靖宗 (Cello)・遠藤隆太朗 (Guitar)による
ライブを開催!
しょーこちゃんが今月もおいしいお料理も用意して、
皆様のお越しお待ちしております。
DJのロブからの素敵なプレゼントもありますよー!

morishige

森重靖宗:
チェロによる即興演奏をおこなう。国内外の音楽家や舞踏家、朗読家等と数多く共演。
時にチェロとヴォーカルによるオリジナル曲の演奏や、ピアノでの即興演奏等もおこなう。
音楽活動以外にも写真作品集を発表。

http://www.mori-shige.com/index

endo01

遠藤隆太朗:
東京生まれ、ギター奏者。ジャズ、ブルース、電子音楽など。

★Where’s The Music?
DJ
Rob Kidney (WISH LESS)
Shohei Fujimoto
and more

Food
しょーこちゃん

Live
森重靖宗 (Cello)
遠藤隆太朗 (Guitar)

日時:2015年4月21日(火)18:00~23:00
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています
※入場無料

2015-04-18 | Posted in NewsNo Comments » 

 

サマタマサト(Delaware) “Win-Win“展 2015年5月2日(土)~5月31日(日)

TETOKAでは、2015年5月2日(土)~5月31日(日)の会期で、
サマタマサト(Delaware) “Win-Win” 展を開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

samata5

Onsenは、
N’onsen’se から
湧き出た!?

samata2

サマタマサト(Delaware)
『Surfin’ USSR』『Artoon』『Too Slow To Live』…. 過去のアルバムのタイトルからも推して知るべし。とても一筋縄では行かないグループ、Delaware(デラウエア)のリーダー。作品は、音楽、映像、デザイン、文章、ウェブ、携帯電話、クロスステッチ、陶芸、ライブ・パフォーマンスなど多岐にわたる。パリ・ポンピドーやニューヨーク・PS1/MoMAなど、世界数カ国で作品を発表。2014年には、レコードを使った陶芸(一点モノ)とUSB収録の音楽(マルチプル)という矛盾を婚姻させた作品 ”SCRAP”を製作・展開。テキストエディットを使ったVJにもアプローチする。最新プロジェクトは、画像を切り替えるレンズ、レンチキュラーを素材にした作品集 ”Win-Win” 。著書には『Desigin’ in the Rain』『How to Sox.』がある。
http://www.delaware.gr.jp/

unnamed

作品23点の構成
・ レンチキュラー。
・ ビットマップ・グラフィック。
・(印刷用紙として)越前手漉きの和紙。
・(額として)スタンダード版:アクリルカヴァー、デラックス版:アクリルボード。

●Win-Win-book
開催に併せて、”Win-Win-book(TETOKA booklets)を発刊。

スタンダード版:A5 32頁。1.500円。
デラックス版(限定20部):A5 32頁のスタンダード版に、特製和紙表紙と越前手漉き和紙に印刷された作品1点。6.000円。

サマタさん新

・会期中のイベント
( 詳細は、TETOKAホームページ、フェイスブック、ツイッターで告知予定です)
イベントスタート 19:00~ ※TETOKAは16:00から営業しています。

5/2 sat.
opening p’art’y.
“Win-Win展、はーじまり”
みんな、来てねー。
NOチャージ

5/9 sat.
talk show & more.
“オールモスト about サマタマサト”
インタビュー:岡村浩志.
(FOOD)yoyo 
1.000円 (1drink)

5/10 sun.
talk show & more.
“オールモスト about ウィンウィン”
インタビュー:マジック・コバヤシ.
(FOOD)yoyo 
1.000円 (1drink)

5/23 sat.
”フルーツ Debut Live!”
Fruits:
奥村建: musician ギター/シルバーアップルズ
岡村浩志: muzacian 鍵盤/メロン
宮下麗: muestician ベース/そんなバナナ
サマタマサト: non-musician 歌/アップル
1.500円 (1drink)

5/30 sat.
サマタマサト(Delaware) “Win-Win” 展 クロージング・イブ
出演:
伊藤桂司
白根ゆたんぽ
長谷川踏太
フルーツ。

DJVJショー。
DJ伊藤桂司 / VJサマタマサト。
伊藤氏:音の鳴りにこだわりマイスピーカー持参です。サマタも、マイMacにインストールされている”TextEdit”で応戦です。

ロックとサントラのブレンド。レコードプレーヤーを模した映像、、、、さる23日に、デビューライブを終えたばかりのニューバンド〈フルーツ〉が早くもセカンド・ライブ。

with 伊藤桂司・白根ゆたんぽ・長谷川踏太。
レンチキュラー作品コラボお披露目。
各作家との作品にまつわるトークを予定。

samata3

展覧会概要
展覧会名:サマタマサト(Delaware) “Win-Win”
会期:2015年5月2日(土)~5月31日(日)
営業時間:16:00~23:00
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。TETOKA ホームページ、Facebookをご確認下さい。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)

2015-04-12 | Posted in ExhibitionNo Comments » 

 

4月25日(土)「AC部 高速紙芝居 」

kamisibai_image

AC部の個展「部室大公開」にあわせて、「高速紙芝居」の公演を、会期中特別開催いたします。
手描き紙芝居を使用した、スピード感・臨場感・迫力あふれる手動アニメーションショー!
皆さまのお越しをお待ちしております。

開催日:2015年4月25日(土)17:00開演/19:00開演/21:00開演
入場:各回開演時間の60分前より、会場で入場整理券を配布。開演15分前より整理券番号順での入場を開始。
※ 整理券をお持ちの方でも、開始15分前までにお戻りにならない場合は、キャンセル扱いとなりますのでお気をつけください。
定員:各回35名(着席)
入場料:500円(1ドリンク付き)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309

2015-04-06 | Posted in NewsNo Comments » 

 

4月4日(土)師岡とおる「わるいゆめ」展 クロージングパーティ

師岡とおる「わるいゆめ」展も終了間近。というわけで、4月4日(土)19:00~クロージングパーティを開催します。
当日は、ファットボーイ・スリムやホワン・アトキンスら、世界の大御所たちと共演しているMIXNUTSが師岡とおるのイラスト素材でVJ! 多忙につき(?)しばらく活動していなかったMIXNUTSの、沈黙を経ての表舞台となります。選曲はリッチー・ホウティンが名付け親のDJ KAZZに加え、大好きなアーティスト、伊藤桂司さんも参戦してくれるとか!(くれないとか!?)もちろん、作家も在廊しております。
展覧会最終日を前日に控えた土曜日。ゆるゆる乾杯できれば幸いです。

<スペシャルゲスト>
11076190_10205721979742758_4808068471644031518_n[1]

MIXNUTS
ALMONDとPISTACHIOの2人によって2000年にNYで結成、2003年より日本でPLAY開始。コンセプトは「できるだけプリミティヴ、できるだけエレガント」。身の回りの風景やビジュアルをエディット中心に見せていくのがプレイの特徴。この世に存在する「相反するもの」たちを「ナチュラル」に結びつけていく、その予想不可能でユニークな構成は、特に海外のアーティストから高い評価を得る。2004年、ファットボーイ・スリムからVJのオファーが届き、11月にはロンドン・BRIXTON ACADEMYにて世界デビューを実現。2005年にはMUTINY(UNDERWATER)からWOMBにて年3回のレジデンシー全ての共演オファーが。他にもホワン・アトキンスやケヴィン・サンダーソン、ジェームス・ホールデン、ケン・イシイらとも相次いで共演。近年は活動中止状態だったが今回、久々の登場となる。

1900178_10205721980462776_1310599645179404947_n[1]

DJ KAZZ
リッチー・ホウティン(以下、R)「そうか、キミはDJもやるのか。てっきりジャーナリストだと思っていたよ。何ていう名前でやっているの?」
DJ KAZZ(以下、K)「普通に本名のワタナベ・カツミで」
R「長い! だから日本人の名前は憶えづらいんだ」
K「それを言ったらリカルド(ヴィラロボス)なんて、どうなるの?」
R「ベルリンは移民が多いから違和感がないの。そうだ、DJネームをつけよう!今日からお前はKAZ、いやDJ KAZZだ!」
K「今のやりとり、そのままいただいてもいいですか?」
R「もちろん、いいとも」

10403250_10205721980902787_9117770311965472572_n[1]

伊藤桂司
1958年、東京生まれ。グラフィックワーク、アートディレクション、映像を中心に活動。2001年東京ADC賞受賞。キリンジ、PES、テイ・トウワ、スチャダラパー、高野寛、ohana、オレンジペコー、ボニー・ピンク、愛知万博EXPO2005世界公式ポスター、イギリスのクラヴェンデール、SoftBank キャンペーン、KEIJI ITO × graniph Collaborationなどのヴィジュアルを手掛ける。作品集は『LA SUPER GRANDE』(ERECT LAB.)、『FIZZY JJJAZZ』『HELLO DAWN』(共にUFB)他多数。京都造形芸術大学教授。UFG代表。
http://site-ufg.com/

→開催中の「わるいゆめ」展の概要、師岡とおるのプロフィールはこちら。
http://tetoka.jp/archives/2230

日時:2015年4月4日(土)19:00~
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2015-04-01 | Posted in NewsNo Comments »