Blog, News

Thank you!3rd anniversary(TETOKA) Small Circle of Friends LIVE 9月22日(木・祝)

手と花(TETOKA)は、2014年9月1日のオープンから、おかげさまで満3年の誕生日を迎えることができました。

これも偏に皆様の温かいご支援とご協力があったからこそと心より感謝致しております。まだまだ至らないことばかりで恐縮ですが 満3歳という一つの節目を契機に致しまして、これからも皆様に末永く愛されるお店づくりを心掛け、新たな気持ちで邁進していく所存でございます。
これからも、TETOKAをどうぞ宜しくお願い致します。

TETOKAの大好きなSmall Circle of Friends。
1年目、2年目の感謝の日にもライブを開催してくれた
Small Circle of Friendが3年目もライブをしてくれること
嬉しいです。

9月25日(日)までの会期で開催中の沖野修也個展「呼吸する視覚ー沖野修也コレクション&クリエーション展」の中でのSmall Circle of FriendのLIVEと
北岡一哉のVideo Grapherを。
DJには岡田卓志。

ゆっくりとのんびりと夏の終わりの気持ちよい夜を。
皆様の笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

SCOF03250746-2

SCOF-001_SCOF_Silence

th_SCOF03250594

【Small Circle of Friends】
ムトウサツキとアズマリキの二人組。
1993年、福岡にてスタート。
1998年より拠点を東京に移す。
“Small Circle of Friends”として10枚のアルバムをリリース。
サイドプロジェクト”STUDIO75″として3枚のアルバムをリリース。
日々、”Small Circle of Friends”のスタジオ”Studio75”から音と服を紡ぎだし、2007年にはファッションブランド「75clothes」をスタート。
2014年10月、 ムジカノッサ・グリプス(選曲・監修:中村智昭from Bar Music)より、12インチ・アナログ『Lovely Day EP』をリリース。
そして2016年6月15日、”Small Circle of Friends”11枚目のアルバム『Silence』をリリース。

http://www.scof75.com/
http://www.75clothes.com/banana/

e0206496_10444395

【北岡一哉】
映像ディレクター。
1990年代からその卓越した映像センスでUNITED FUTURE ORGANIZATION、スモール・サークル・オブ・フレンズ、THE SKA FLAMES、松任谷由実、Mr.Children、Mondo Grosso、沖野修也、 EGO-WRAPPIN’ 、GLIM SPANKYなど、数々のアーティストのミュージックビデオを制作。
2002年 EGO-WRAPPIN’『サイコアナルシス』のPVで『SPACE SHOWER Music Video Awards BEST GROOVE VIDEO』を受賞。
2006年『映像作家100人』に選ばれる。
またプロデューサーとしても2012年短編映画『Empty House』に関わる。

【岡田卓志(3rd Method Music)】
音楽家、フィールド録音家。
2000年、イタリアSchema Recordsに楽曲を提供。
同年、Life Line RecordsからEPをリリース。
2004年、OKADA TAXI名義でファーストアルバム「Wise Retrogression」を発表。2008年、空間演出プロジェクト「3rd Method Music」を始動、カフェ、バー、キャラリーなどでの選曲を担当。近年は、フィールド録音素材を用いた音の展示「失われた『静寂』に包まれる音楽会」(2013年)、「樹からきこえる音」(2014年)などを開催している。

Thank you!3rd anniversary(TETOKA) Small Circle of Friends LIVE
日時:2016年9月22日(木・祝)
★【LIVE】(LIVE start 19時~)
Small Circle of Friends
★【 Video Grapher】北岡一哉
★【DJ】岡田卓志
※入場無料

営業時間:16:00-23:00
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309

2016-09-16 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

Where’s The Music? 2016年8月23日(火)

スクリーンショット 2016-08-21 01.43.42 (1)

8月23日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
1ヶ月お休みしましたが、今月からまた、はじまります。
DJのロブからも素敵なプレゼントありますよー
皆様のお越しお待ちしております!

★Where’s The Music?
日時:2016年8月23日(火)18:00~23:00

【 DJ 】
Rob Kidney
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-08-21 | Posted in NewsNo Comments » 

 

Where’s The Music? 2016年6月21日(火)

スクリーンショット 2016-06-18 01.19.11

6月21日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
今月も盛りだくさんでVJにMisa Sugata
ゲストDJとしてKOUSUKE NAKANO,MOCHOが参戦!
皆様のお越しお待ちしております!

t_d01fca02222a43f122d6f2eafdcbba04

Misa Sugata/菅田ミサ
2009年 京都造形芸術大学大学院修了。
展覧会に「田名網敬一presents debutante3」個展(アートスペースユーメリア/東京)「Para GLOBE Final Exhibition 第一弾 散歩」個展(Para GLOBE/東京)「Misa Sugata × Nathan Cowdry exhibition」二人展(WISH LESS/東京) 「ジフ展」グループ展(手と花/東京)などがある。

image1 (4)

MOCHO
珍盤亭娯楽率いる珍盤亭一門&音の圧力団体「FOMGASOUNDZ」のメンバー。
演歌、ムード歌謡、ラテン、レガエの和モノを好んでプレイ。和モノだけでなく、ソウル、レゲエ、ディスコ、ベースミュージック、中南米音楽などなど、基本的に何でもイケるクチ。飲んで、踊れて、泣けて、笑えるプレイがモットー。
東京キララより発売のレコードディスクガイド「珍盤亭娯楽師匠のレコード大喜利」の執筆陣に参加。

13441749_1052073254885470_1411913235_o

KOUSUKE NAKANO
パーカッショニスト、DJ
東京生まれ、下町育ち。幼少期に通った音楽教室でパーカッションを叩き始める。都立芸術高校音楽科/映画美学校/音楽学校メーザーハウスを卒業。
学生の頃よりジャズ/R&B/ハウス/テクノ/ミニマルミュージック/民族音楽の影響を受ける。学生時代からDJと共演し打楽器を演奏することやライブサポートなどを経験。2010年より都内のクラブ/バーを中心に、DJとしても活動。
音楽ジャンルはJazz、R&Bのみならずハウス、テクノ、アフロビート、サルサ、 ポストロック、Free Jazz、Ambient、民族音楽など多種多様。
渋谷WOMB、青山Trigram、代官山AIR、Jicooなどの様々な現場に出演し好評を得る。また打楽器奏者として、2015年1月 EXILE ÜSA司会のCS音楽番組「DANCE EARTH CHANNEL」にてサポート出演。現在、都内でパーカッショニストとして活動。民族音楽の土着性を探求する打楽器奏者である。

★Where’s The Music?
日時:2016年6月21日(火)18:00~23:00

【 VJ 】
Misa Sugata
【 DJ 】
KOUSUKE NAKANO
MOCHO
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-06-20 | Posted in NewsNo Comments » 

 

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』 2016年6月12日(日)

0Y7A0033
(PHOTO = Great The Kabukicho)

A.K.I.PRODUCTIONSの、Buchla Music Easelの演奏を中心としたライヴ・シリーズが、新たにスタート! ラップやトークもあり! よろしくお願いいたします!

『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』での演奏予定曲の予告です!

“I Was Born This Way 組曲:otona=kodomo時代”
“as it is~まんま禅 / コンテンポラリー楽悟論”
“マクルーハン・ジェネレーション 2016”

以上、3曲を演奏する予定です!(尚、諸事情により、当日、急遽予定変更の場合は、ご容赦くださいませ)。また、当日、開場と同時にBuchla Music Easelの演奏を開始する予定です。宜しく御願い致します!

*尚、先日、A.K.I.PRODUCTIONS Blogでは、当初この日は『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.4』の開催を予告していましたが、こちらは延期とさせていただきます。ご了承くださいませ。

・鈴木香音ちゃんに捧げる、『バカ(所謂「バカ」ではなく、「ブレイクスルーの状態」の隠喩としての)になるための3章』。/ A.K.I.
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52460454.html

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/

・『実践。』
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52403088.html/

・いくつかの失敗から学んだこと。ガキさん(新垣里沙さん)から学んだこと。
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52454226.html

・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ
http://spaceshowermusic.com/ds/artist/11500350/
 
【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。
その後、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、現在のA.K.I.の哲学のエッセンスが示されている。2014年より、神田TETOKAにて、不定期ライヴ『トランスクリティカルHIP HOP ショー』を開始。2015年には、東京都現代美術館で行われた「山口小夜子 未来を着る人」展での宇川直弘氏の作品に参加。DOMMUNEのスタジオでライヴを行った映像が会場で上映された。また、この年、4枚目のアルバム『SISTER」も完成させた(しかし、リリース予定は今のところなし)。2016年には、2010年に刊行予定だった、幻の著書『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』が、“天然文庫”より、いよいよリリース予定。また、神田TETOKAにて、新たなシリーズ・ライヴ『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス』をスタートさせる。

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』
日時:2016年6月12日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

写真は、A.K.I.PRODUCTIONSの別シリーズのライヴ、『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.1~ ポップカルチャーの新しいバランス』@神田TETOKA(’14/4/24)の模様から(PHOTO = Great The Kabukicho)

2016-05-31 | Posted in NewsNo Comments » 

 

純喫茶「飴山(キャンディーマウンテン)」2016年5月21日(土)・22日(日)

harcoza

5月21日(土)・22日(日)、恵比寿のセレクトショップ「HARCOZA」にて開かれる、
7周年記念イベント・純喫茶「飴山(キャンディーマウンテン)」に、出店させていただきます。
店内では、グラフィックやイラストを中心に活躍中の小磯竜也さんによるポスター展や、
イザベル・ボワノさんや、ぽーとららさんらアーティストによる、マーケットも同時開催。
カラフルでポップなメニューをご用意し、一期一会のお茶会へ、皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

開催概要
イベント名:純喫茶「飴山(キャンディーマウンテン)」
出店日時:2016年5月21日(土)-5月22日(日) 12:00-18:00
会場:HARCOZA
住所: 東京都渋谷区恵比寿西 2-15-9 1F
Tel: 03-6416-0725
SNS: website / facebook / twitter
Produced by HARCO

*純喫茶「飴山(キャンディーマウンテン)」では、毎週末、ゲストによるスペシャルドリンクをご用意。
5月末から6月中旬にかけて、アグネスパーラーさんや、SPACE TEAさん、SWEETCHさんもご出店されます。
・5月21日、22日 12:00-18:00 by TETOKA
・5月28日、29日 12:00-18:00 by アグネスパーラー
・6月4日、5日 12:00-18:00 by SPACE TEA
・6月11日、 12日 12:00-18:00 by SWEETCH

2016-05-18 | Posted in NewsNo Comments » 

 

Where’s The Music? 2016年5月17日(火)

スクリーンショット 2016-05-13 11.18.58

5月17日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
今月も盛りだくさんで
KINUのライブと
DJとしてNoriaki Kiharaが参戦!
皆様のお越しお待ちしております!

IMG_5848

KINU
千葉県出身。エレクトロニカ、ブラックミュージック、アブストラクト、トリップミュージックをバックグラウンドとする歌い手。浮遊感の中に垣間みせるノイジーかつソウルフルな歌声は、ダンスミュージックのみならずロック/ハードコア界隈においても異彩を放つ。また、ヒップホップミュージシャンとの交流も深く、奔放かつアッパーなライムスタイルも得意とする。これまで、ラテンパンクバンド『MASTARICA』や、ダブロックバンド『digdub』といった強烈なアンサンブルのバンドボーカルを務め、ガテン系女子とも形容できる圧倒的なライブパフォーマンスが評判を呼ぶ。
2011年からソロの楽曲制作。2016年MASTARICA再始動。
自身のライブでは、MASTARICA時代からの旧友『catena』のキーボード奏者 河原崎 豊とトラック音源とシンセを使用し、ボーカル/リズム/ベースライン/サンプリング等をループさせる『リアルタイム多重録音ライブ』を展開する。他、アコースティックライブやバンド編成ライブにも取り組み、エレクトロサウンドの原点に、人間のもつ揺らぎがあることを理想としてる。

photo1505

Noriaki Kihara
Composer / Producer / DJ
様々なバンドでギターやベース、シンセサイザーなどを歴任。バンド活動と並行し、更なるクリエイティブなサウンドを求めComposerやDJとしての活動も始動し、自主レーベル「Que sais-je? Records」を立ち上げる。2015年9月には、Ken Ishii、石野卓球、松武秀樹らと共に「Grateful Beer Live Festival」にDJとして出演。更なる活動の場として、アニメーション監督やデザイナー、画家など様々なクリエイターの集まる「A吉スタジオ」を設立。音楽だけでなく、既存の枠にとらわれない多様なコラボレーションを実現し、意欲的な活動を行っている。
http://noriakikihara.net/
http://quesais-je.net/
http://akichi-studio.com/

★Where’s The Music?
日時:2016年5月17日(火)18:00~23:00
【LIVE】
KINU
(Vo,KINU Gt,La?Bell)
【 DJ 】
Noriaki Kihara
Rob Kidney
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-05-13 | Posted in NewsNo Comments » 

 

2016年5月10日(火)Martin Taxt / 遠藤隆太朗 (DUO)

taxtendo

マッティン・タクスト / Martin Taxt:
マッティン・タクスト (Martin Taxt) は、即興音楽シーンで活動するノルウェイのチューバ奏者 (1981年生)。ベルリン在住の Robin Hayward と、Taxt と Kristoffer Lo のノルウェイのふたりが組んだチューバ・トリオ Microtub、Espen Reinertsen、Eivind Lønning、Taxt のノルウェイ勢に日本の秋山徹次と中村としまるを加えたクインテット Koboku Senju をはじめとする様々なプロジェクトを展開する。また、ノルウェイのレーベル Sofa Music の運営に参画。
Martin Taxt, born in Trondheim, Norway in 1981, finished his studies at the Academy of Music in Oslo and CNSMDP in Paris in 2006. Since then he has focused on improvised and contemporary music. With the japanese guitar player Tetuzi Akiyama and the Norwegian duo Streifenjunko he has released two albums on the reputable norwegian improv label SOFA. ”Varianter av døde trær” in 2008 and ”Selektiv hogst” with Toshimaru Nakamura in 2010. This quintet now performs under the name Koboku Senjû. Both albums received great critics in magazines such as THE WIRE and SIGNAL TO NOISE. Over the last years Taxt has been touring Europe, Japan, China, USA and Canada with the groups Koboku Senjû, microtub, Muringa and Kim Myhr & TJO. Since 2010 he’s running the label SOFA and he has also been organising the festival Fri Resonans in Trondheim every November since 2006.

http://www.taxt.no/

遠藤隆太朗 / Ryutaro Endo:
遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、音楽だけでなく詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。
Ryutaro Endo is a guitarist based in Tokyo. After studying Photography and Art, he transitioned his creative expression from photography into music. While being part of the Tokyo Avant-garde and improvised music scene, Endo keeps his music rooted in traditional styles such as Jazz and Blues, and performs diversely with various musicians. His solo, on the other hand, uses fundamental guitar tone which somewhat brings nostalgia but also searches for a new possibility at the same time.

https://twitter.com/endoryutaro

★Martin Taxt / 遠藤隆太朗 (DUO)
日時:2016年5月10日(火)
LIVE Start: 20:00
出演: Martin Taxt / 遠藤隆太朗 (DUO)
※入場無料
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-05-09 | Posted in NewsNo Comments » 

 

2016年4月19日(火) Where’s The Music?

スクリーンショット(2016-04-13 1.28.58)

4月19日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
今月も盛りだくさんで
アシッドフォークアーティストの鈴木知海と
ネコゆくえしらズのライブを開催!
皆様のお越しお待ちしております!

IMG_5265 (1)

鈴木知海

東京を拠点に活動するアシッドフォークアーティスト。
独自の観点で綴る「言葉と音の世界」は風景や物語が観える作品として評価され都内を中心にライブ活動を行っている。
ベルリンでの音楽活動を経て、ギター/ベースでのバンドサポート(惑星、Black Flowerなど)、CM楽曲の制作などを行う。その後アコースティックギターでの弾語り活動を開始。2010年「ともみすずき」として自主制作ミニアルバム「冬の朝」を発表。チャリティーライブ、リビングルーム(音楽とアートの複合イベント)、高円寺下北沢歌合戦などのイベントを企画する。2015年、2016年「春風」に出演。今回はゲストとしてチェリストの関根康弘を迎えパフォーマンスを行う。

at2

ネコゆくえしらズ

ボーカルこなつの作り出す日本的なメロディ、独特の詩世界に
あたたかさとユーモアを内包したバンドアレンジで、一筋縄でいかない独自のポップスを量産中。
2015年7月に代官山晴れたら空に豆まいてにて初ライブ。
以降下北沢などを中心にライブ活動中。
2015年10月発売の1stCD『さかさ』がモナレコード売り上げランキング、
またリード曲”借り物”がUSENインディーズチャンネルのPOWER PUSHに選出。
2016年3月より、かわさきFM『カフェインボンバー』にてレギュラー出演。
(第2火曜22時~23時内)
http://neconoyukue.co/

★Where’s The Music?
日時:2016年4月19日(火)18:00~23:00

【LIVE】
鈴木知海
ネコゆくえしらズ

【 DJ 】
Rob Kidney
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

【 Food 】
しょーこちゃん

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

※ぬQ「カゼノフネ公園」展にお越しの方へ。
LIVE時間が20時~20時30分、21時~21時30分の予定となっております。
演奏中は展覧会は観覧しにくい環境となってしまいます。
LIVE時間以外でしたら、ゆっくりご観覧いただけますので、是非みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2016-04-16 | Posted in NewsNo Comments » 

 

2016年3月15日(火) Where’s The Music?

スクリーンショット(2016-03-10 1.14.53)

3月15日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
無事、2周年を迎えたこのイベント、
先月、場所を変えての六本木のスーパーデラックスでの
イベントでもたくさんの方に来場していただき、
とても楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします!
そして、ホーム、テトカにもどっての今月のイベントも
盛りだくさんです!

まずは
映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』本編冒頭22分無料上映会開催!
詳細はこちら→ http://www.uplink.co.jp/banksydoesny/22min.php
上映時間は8時45分から予定しています。

unspecified

さらにクラーク内藤のライブ、
ゲストDJとしてLZA exらざにあ
そして、現在、テトカでの個展「抽象・具象・その他美女など」も
好評開催中の白根ゆたんぽもDJとして参戦します!

皆様のお越しお待ちしております!

csCAWPQg

クラーク内藤
ガレージパンクを中心とした50~70年代の音楽に影響を受けながら、新しい方法で特殊ロックンロールを開発する。
2014年bandcampにて「終わってる歌」をリリース。
2015年日本のGORGE専門レーベル
GORGE.INより「Pebbles From The Grave 」リリース。
また、同年「どうでもいい」7インチをリリース。
2016年2月DOMMUNEのポエムコア特集「OMOSHIRO DARKNESS IN DOMMUNE」出演。
http://clarknaito.com/

20160309212854

LZA exらざにあ
ペインター、カメラマン、等を擁する81BASTARDSの音楽担当。
VJ集団PLAYBACKBOYS主将。
隔月にて都内中心に高木完、NOELらと共に
レコードオンリーパーティー
LEGENDS ON WAXを主宰。
ZAZEN BOYS、Buffalo Daughterのドラム
松下敦氏とペインター井上純との即興LIVEパフォーマンスも定期的に活動中
https://m.mixcloud.com/lzakazuki/

★Where’s The Music?
日時:2016年3月15日(火)18:00~23:00
【MOVIE】
『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』本編冒頭22分無料上映会
【LIVE】
クラーク内藤
【 DJ 】
白根ゆたんぽ
LZA exらざにあ
Rob Kidney
Ryohey Hayashi
Shohei Fujimoto

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2016-03-11 | Posted in NewsNo Comments » 

 

2016年2月7日(日)A.K.I.PRODUCTIONS 『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 ~ ハートビートにサリエンシー。そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

0Y7A9233
『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.1~ ポップカルチャーの新しいバランス』
@神田TETOKA(’14/4/24)の写真から(PHOTO = Great The Kabukicho)

およそ1年ぶりのA.K.I.PRODUCTIONSのTETOKAでのライヴは、A.K.I.の好きな作家達(ヒップホップからマンガ、小説まで)を題材にした電子音楽”ハートビートにサリエンシー”、そして、2015年に完成したものの、現時点ではリリース予定のないA.K.I.PRODUCTIONSの4枚目のアルバム“SISTER”の音源を一夜限り公開、それに付随するトークもあります。新春1発目のA.K.I.PRODUCTIONSの新作発表会、よろしくお願い致します!

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/

・未発表アルバム“SISTER”へのA.K.I.のコメントとトラックリストは、下記リンクから。
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52440621.html/

・『実践。』
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52403088.html/

【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。近年は、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、現在のA.K.I.の哲学のエッセンスが示されている。2014年より、神田TETOKAにて、不定期ライヴ『トランスクリティカルHIP HOP ショー』を開始。2015年には、東京都現代美術館で行われた「山口小夜子 未来を着る人」展での宇川直弘氏の作品に参加。DOMMUNEのスタジオでライヴを行った映像が会場で上映された。また、この年、4枚目のアルバム『SISTER」も完成させた(しかし、リリース予定は今のところなし)。2016年には、2010年に刊行予定だった、幻の著書『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』が、“天然文庫”より、いよいよリリース予定。

A.K.I.PRODUCTIONS『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 ~ ハートビートにサリエンシー。
そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

日時:2016年2月7日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは23時まで営業しています。

※小田島等の「アイロニカルな肯定、その愛。」展にお越しの方へ。
LIVE時間が19時30分~21時30分となっております。演奏中は展覧会は観覧しにくい環境となってしまいます。LIVE時間以外でしたら、ゆっくりご観覧いただけます。是非みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2016-02-04 | Posted in NewsNo Comments » 

 

3 / 1712345...10...最後 »