Exhibition, News

小川哲『5×5イイ顔』展 2018年7月5日(木)~7月17日(火)

プリント

小川哲『5×5イイ顔』展――ポップアイコンの部分と全体                      久米泰弘(書籍編集者)

原子は、私たちが日常経験するような直接的に観察できる「物」ではなく、その働きしか見ることができない。―― W・ハイゼンベルク『部分と全体』より要約

 小川哲さんの描く絵は、ご覧のとおり、きわめて物理的にできています。
 5センチ×5センチの正方形を、タテヨコ5つずつ、合計25個をグリッド状に配置し、そのひとつひとつを変形させ、組み合わせて、一点のまとまりをつくる。25個のさまざまな形のセレクションとコンビネーションが、今回の展覧会では、ポップアイコンたちの「イイ顔」を構成しています。
 冒頭の言葉は、ノーベル賞物理学者のW・ハイゼンベルクによるものですが、小川さんの絵は、25個の「部分」の組み合わせが「全体」を成り立たせており、また実際に描かれたポップアイコンの多くは、ふだんから「直接的に観察できる」人たちではなく、音楽や映画といった作品における「働きしか見ることができない」人たちです。
 確かに、「物」として観察できる〇や△や□によって表現された「イイ顔」は、絵それ自体としては、すべての人に開かれている作品です。しかし、それらが誰かに所有され、部屋に飾られたりTシャツになったとき、人はそれらの「働き」にしか関心を寄せない。それが現実ではないでしょうか。すなわち、あらゆる芸術作品とは、現実にはその「働き」こそが、本質なのだということです。
 それはたとえば、音楽でも映画でも、マンガなどの書籍でも同じ、レコードやDVDや本は、そこにあるだけでは、ただの「物」にすぎません。しかし、それを実際に聴いて、観て、読んで、その「働き」にふれたとき、はじめて感動が生まれます。小川さんは、この「5×5」という試みを、これまでZINEを制作することで続けてきたイラストレーターですが、そうした「働き」を数十ページの冊子にまとめ、それ自体が作品であるような「物」をつくってきた作家とも言えます。
 そんな小川さんの活動のユニークなところは、傍らに、岡村靖幸のCDジャケットなどで知られる、アートディレクターの小林忠浩さんの存在があることです。
 小川さんが組み合わせた25個の形を、デザインという観点で、小林さんが常に批評し、それを参考にして、作品を仕上げていく。芸術家といい作家と呼ばれる人たちは、往々にして我が道を突き進む、ある意味、気のふれた孤高の存在ですが、小川さんは、まず小林さんという「批評家」を身近に設定し、その目を通して、みずからの作品を捉え直そうとします。今回の展覧会でも、そうして自分の解釈を客観的に、何度も微調整しながら、作品を仕上げていきました。
 まだこの展覧会が準備段階だったとき、そんな小川さん、小林さんには、生涯忘れられない出会いがありました。特殊漫画家を自称するまごうことなき芸術家、根本敬さんとの邂逅です。
 根本さんはそのころ、ピカソの『ゲルニカ』とほぼ同サイズの『樹海』という作品を描き上げたばかりで、ふたりはその絵にショックを受けます。そして遠慮がちに、「5×5 ZINE」と小川さんの描いた細野晴臣とルー・リードの顔をプリントしたTシャツを手渡すと、とても気に入ってくださり、さまざまなイベントでそれを着た根本さんの姿は、広くSNSで拡散されもしました。
 そこで、今回の展覧会のタイトルでもある「イイ顔」という根本さんオリジナルの言葉を、ご本人の許可を得て、タイトルに頂くことになったわけですが、さて――。
「イイ顔」とは、何なのか?
 たとえば、ジャニス・ジョプリンと勝新太郎は、女と男という以上に、職業も違えば表現も違います。生きた場所も言語も違う。しかし、「イイ顔」という捉え方なら、おそらくは誰もが、「ナルホド、そうだ!」と納得する力を持っているのではないでしょうか。
 これは一体、どういうことなのか? ハッキリ言えるのは、彼らは、その人生の「働き」によって、みずからの顔を獲得したということです。それら「イイ顔」こそは、世に選ばれて「物」として存在できる、ポピュラー・アイコンなのです。
 会期中の7月7日(土)七夕には、「イイ顔」根本敬さんをお迎えして、トークショウなどのイベントも予定しています。また、連休中日の15日(日)には、美術作家の伊藤桂司さんによるプログレに特化したDJもあります。もちろん、「5×5 ZINE」はもとより、Tシャツやトートバッグ、バッジなどもご用意しています。
 小川哲『5×5イイ顔』展――ポップアイコンの部分と全体。
 梅雨の明けるさわやかな初夏のころ、どうぞご家族で、またご友人お誘い合わせのうえ、神田TETOKAまで、世界中のポップアイコンの、あなたにとっての「イイ顔」を探しにいらしてください。お待ちしています。

t_nemoto_ilst

【会期内イベント】

・7月5日(木)19:00~ オープニングパーティ

・7月7日(土)16:30~ 根本敬ライヴ・ペインティング「あなたの顔を『イイ顔』にして差し上げます」
先着10名限定 画料10,000円(トークショウ入場無料特典付。ワンドリンク別)
 
先頃、ピカソの『ゲルニカ』とほぼ同サイズの大作『樹海』を発表した根本敬画伯が、オリジナルミックスのポンチャックをかけながら、あなただけの似顔絵をフルカラーで描きます。
要望によって釜ヶ崎の巨匠、其風画伯のメタリック調もあります。

・7月7日(土)19:00~ 渡韓直前! 根本敬スペシャル・トークショウ「『イイ顔』とは何か?」
聞き手:久米泰弘(書籍編集者)入場料1,500円(ワンドリンク付)
 
1980年代、「イイ顔」という言葉を生み出し、みずからその発掘にいそしんだ根本敬。さらなる「イイ顔」との出会いを求め、ディープ・コリアに旅立つ直前に、山谷寿町釜ヶ崎などで採取した「イイ顔」たちの哲学的なエピソードなどを伺います。

・7月13日(金)19:00~ DJ:服部全宏「オールドハウス・ナイト」 入場無料
1990年、ハウスミュージックの創始者ラリー・レヴァンと共演した男、ex-CLUBKING服部全宏によるオールドスクール・ハウスミュージックの選曲をお楽しみください。ニューヨークのクラブ〈パラダイス・ガレージ〉やシカゴの〈ウェアハウス〉などで、盟友フランキー・ナックルズとともに一時代を築いたラリー・レヴァンの、当時のオリジナルカットなども蔵出しします。

・7月14日(土)19:00~ 小川哲・小林忠浩トークショウ「ポップアイコンの『イイ顔』をめぐって」
聞き手:久米泰弘(書籍編集者)入場料1,200円(ワンドリンク付)
 
展覧会の主軸であるおふたりに、これまでの活動から展覧会に至る経緯、そしてこれからの展望などについてお話を――、などと言うと、じつにマジメな教育番組のようですが、さに非ず。好きなことをやって好きに生きる。この究極の生き方をいかにして実践するか、その苦労と回り道の連続、ちょっとした秘訣などを伺います。

・7月15日(日)19:00~ DJ:伊藤桂司「スペシャルプログレ・ナイト」 入場無料
絵描き、アートディレクター、レコードコレクター、大学教授、愛妻家、さまざまな肩書きを持つミュージック・フリーク、伊藤桂司によるヘンな前衛音楽、プログレの選曲をお楽しみください。絵とレコードとスクラップで埋め尽くされた、カオスのなかから聴こえてくるのは、誰がどんな発想でつくるのか、奇天烈にして妙、ヘンテコリンな音楽。「5×5イイ顔」展のために、オリジナルの選曲でお届けします。

・7月16日(月・祝)14:00~ 小川哲「『イイ顔』キッズデー」&「CMUR FOOD TRUCK」 入場無料
本展覧会の小川哲と一緒に「イイ顔」を描いてみませんか? 子ども連れでの参加をお待ちしています。また同時に、自家製天然酵母のナポリピザ「CMUR FOOD TRUCK」も特別参加。本格的な薪釜を使った久村さんちのオーガニック・ピザもお楽しみいただけます。おいしいピザを食べながら、ハサミと色紙を使って、自分だけの「イイ顔」をつくる小川先生の楽しいワークショップです。

・7月16日(月・祝)19:00~ 小川哲・小林忠浩・小柳淳嗣「5×5 Radio Show」 入場無料
テーマ:“90’s邦楽とその先の「イイ顔」” スペシャルゲスト:ムーグ山本(Buffalo Daughter)

ラジオ(Radio)に川、林、柳とくれば、3つの小(Show)がそろい踏み。「5×5『イイ顔』」展の音楽バージョン。スペシャルゲストにムーグ山本さんをお迎えして、90年代の邦楽シーンをふり返りつつ、好きな音楽を好きなだけ、楽しいおしゃべりとともにお届けします。90年代にアツい音楽生活をすごした3人と、そのシーンのなかで実作者として活動したムーグ山本さんの3+1で、どんな化学反応が起こるのか、驚くような裏話が聞けるかもしれません。乞うご期待!

・7月17日(火)18:00~ クロージングパーティ「5×5 Radio Show」×「Where the Music?」
「5×5 Radio Show」とTETOKAレギュラーイベント「Where the Music?」が夢の共演。「夢のような」ではなく「まさに夢」。全員眠る準備をしたうえで、ウルサイ子守歌をお届けします
http://tetoka.jp/archives/5804
【LIVE】バンドウジロウ
【DJ】白根ゆたんぽ/寺門克也/池田隆佑/DJおにぎり/Shohei Fujimoto
【FOOD】catering unit つぎはぎ
__________________________________________________________

【作品展示作家】
小川哲(おがわ・さとし)
1972年島根出身。イラストレーター。大阪府立大学経済学部を6年かかって卒業。3年間のフリーター生活。上京後セツ・モードセミナーを5年かかって卒業。5年間の音楽制作会社勤務。その後、現在に至るまでフリーランス。常に回り道の多い寄り道人生を歩み、ミュージシャンのポートレイトを描いて音楽を紹介する「5×5 ZINE」の制作を継続する。
Satoshi Ogawa WEB:https://satoshiogawa.amebaownd.com/
5X5 WEB: https://5x5zine.tumblr.com/

小柳淳嗣(映像制作)
映像作家。武蔵野美術大学非常勤講師。音と映像による表現を中心に、ミュージックビデオ、メディアアート作品の制作、イベントのオーガナイズ、ステージデザインなどを手がける。
http://koyanagi.celescape.org
__________________________________________________________

展覧会概要
展覧会名:小川哲『5×5イイ顔』展 Satoshi Ogawa exhibition |5×5 EE KAO
会期:2018年7月5日(木)~7月17日(火)
【オープニング∙パーティ:7月5日(木)19:00~】
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2018-07-04 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

神田蚤の市2018年7月8日(日)

神田蚤の市_ロゴ

7月8日(日)は神田蚤の市。
毎月第2日曜日に開催しています。
テトカの店内での蚤の市となります。
11時より16時まで(延長もあり)
参加者の持ち寄った様々なモノをその場でご購入頂けます。
Hayato HigaさんのTarot & Astrologyや、美味しいランチも楽しめます。
是非、散歩がてら遊びにきてね~。

神田蚤の市  
日時:2018年7月8日(日)11:00~16:00(延長もあり)
【 神田蚤の市・参加者 】
長谷川義太郎 (文化屋雑貨店)
Ekko
titcoRet
La Perlerie*Ange
寺門克也
Jinta(畳)
青木 政宜
手塚敦嗣
and more

【 Tarot & Astrology 】
Hayato Higa Tarot & Astrology (15分・1,000円)

※16時からは通常営業になります。
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309

22491849_754962598026019_7864505665194743747_n
22491721_754626894726256_7675811485803174491_n
22491461_754626911392921_574230865548329359_n
22489852_754962604692685_1383450129833256610_n
22449669_754627098059569_7423499826733648685_n
22448678_754962554692690_4786026579948148353_n
22405780_754962584692687_5212571529109587491_n
22405706_754962548026024_3026927324922391506_n
22405706_754962541359358_3977175733836064611_n
22366447_754626878059591_1800393614765626558_n22448352_754962551359357_2357409801539712996_n
22089711_749951328527146_6692927371325923464_n
22046790_749951385193807_8171510201254416491_n

2018-06-30 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

広瀬良二 | この先の不在  Ryoji Hirose solo exhibition | kono saki no fuzai 2018年 6月16日(土)~7月3日(火)

hirose02

テトカでは6月16日(土)~7月3日(火)の会期で、広瀬良二 個展 [ この先の不在 ] を開催致します。
長年、青山で古物店、out of style を運営するかたわら、古物を素材としたオブジェ、プリコラージュ、ドローイング等の制作を続け、out of style の世界は広瀬自身の作品と、非売品ばかりが並ぶ生業もままならない異空間へと、永遠の変貌を遂げ続けて、多くのフォロワーを生み出しながら静かに幕を下ろしました。そして、場を持たない広瀬良二は、日々淡々と生み出している作品を外部空間へと展開、展示し、静かに、精力的に創作活動を続けています。ぜひ、この機会にご高覧ください。

抽象とは見えていないものを可視化することと考えている。見えないものを見ようとするとき、見えている実態は歪み、現実の曖昧さは、分解されて空疎な世界を漂う。
[ 広瀬良二 | out of style ]

hirose01

おいら(広瀬良二)になりたい 蛇口から出ない水にも負けず、去っていく人にも負けず 小さいながら少し猫背の体を持ち 欲はあるけど、決して怒らずいつも静かに笑っている
東に打ち壊す家があればものを探しに行き 西にギャラリーの飲み会があればさりげなく顔を出し 南に死にそうな人があれば何か残すものはないかと聞き 北に骨董市があれば、つまらないからやめろと言いみんなに愚図と呼ばれ 褒められもせず苦にもされず そういうものにおいらはなりたい
[ 長谷川義太郎 | 文化屋雑貨店 ]

古い紙、古い道具、ある人にとってはゴミでしかないもの。 広瀬良二の作品に多く使われている素材です。青山で out of style という古道具を扱う店を運営していた頃に作品制作を始めたのも、これらが素材になるきっかけだったのだろうと思います。 ものはそれ以下でもそれ以上でもなく存在している。
そのもの自身が彼の作品に取り込まれることで、それ以上(もしかしたらそれ以下)の存在に変わっていく。 広瀬良二の作品を見ていると、そこにあるべき(あってほしい)ものがあることの悦びに気づかされます。 けれど、近年の広瀬良二はこのものの”悦び”をあえて捨て去ろうと、作品の中で試みてもいます。 作り手としての揺らぎや迷いも含めて、そこが広瀬良二の作品の説得力でもあるのでしょう。
見る側の覚悟を問うかのように、彼自身が「美しい」と思えることを探し続ける足を止めないのであれば、その先を追いかけてみてみたいと思うのです。
[ 太田京子 | 金柑画廊 ]

【 関連企画 】
金柑画廊にて開催される原口佳子写真展「いない」の展示にあわせて、広瀬良二と原口佳子の共作をそれぞれ一点づつ、テトカと金柑画廊にて展示いたします。友人でありテーマも近しい二人の展示・作品をこの機会にご覧ください。
原口佳子写真展 「いない」 Yoshiko Haraguchi “absent” 
2018.6.9 Sat – 7.1 Sun
金柑画廊 東京都目黒区目黒4−26−7 
開催日 / 木、金、土、日、祝、
定休日 /月、火、水、 
OPEN 12:00—19:00
TEL 03−5722−9061 
http://www.kinkangallery.com/news/3685/

hirose-preparty

・7月2日(月)19:30~ 広瀬良二 | この先の不在 Pre Closing Party 
ENTRANCE:FREE
【MUSIC】
Siiii
Tuna a.k.a Sandwich
GOUKI

GOUKI
GOUKI
DOOBEEIS/CAMELBACK/NEURO TOKO所属のラッパー。現在Kenichi Yと作品を制作中。DJとしてもMIX TAPEを制作し、山梨県にあるレコードショップBig Flatにて発売している。
https://gouki.bandcamp.com/

Siiiii

Siiiii
Hip Hopを主軸に置きながらも、SOULやJAZZ,HOUSE ~ DUB,Drum’n’Bass等まで対応する幅広い選曲 & Vinyl OnlyのDJスタイル。DJのみならず、MPC2000 & MPC1000によるBeatMakingも並行運転。
コラージュやインスタレーションなどの美術制作の分野でも地味に活動中。
http://siiiii.info/

__________________________________________________________

展覧会概要
展覧会名:広瀬良二 | この先の不在  Ryoji Hirose solo exhibition | kono saki no fuzai
会期:2018年 6月16日(土)〜7月3日(火)
【オープニング∙レセプション:6月16日(土)19:00~】
【クロージング・パーティ:7月2日(月)19:30~】
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2018-06-23 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

GOD BLESS U 2018年6月30日(土)

31676518_1954292514642236_1934750524804956160_n

MICHIO YAMADAがスペシャルゲストをむかえ
夕方から音楽と美味しいご飯とお酒が楽しめるGOD BLESS YOU。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

GOD BLESS U
日時:2018年6月30日(土)17:00~23:00
ENTRANCE:FREE

【 DJ 】
Monk-E
Shohei Fujimoto
MICHIO YAMADA
【 LIVE 】
柚木隆一郎(ELMALO)
b.or.o
【 FOOD 】
魚屋阿修羅くん

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

IMG_1932

●b.or.o
浅草吉原を拠点に活動するビートメイカー。
2013年、所属バンドの休止に伴いソロ活動をスタート。その年にベースとアンプを持ちストリート修行で渡米するも、シアトルで不法就労の疑いで拘束。収容所送りになり強制送還となる。
この実体験から、海外活動のモチベーションがより一層高まる事になる。
1st EPは手売りで200枚sold out。2014、2015年と、イベンターと知人バンドの助言と協力で1ヶ月のヨーロッパプロモーションを敢行。
その後は、国内外を放浪、テント生活しながら音楽を制作。Chillでスローなビートをベースに、アンビエントやサイケデリックなサンプリング、旅の途中で録った生音など、ジャンルに捉われないトラックメイキングをしている。2017年から本格的にライブ活動をスタート。10月、南米のボリビア国際芸術祭では2ndステージのラストを務めた。
http://instagram.com/b.or.o

●魚屋阿修羅くん
築地を拠点に置く、るろうの魚屋。あまたある食材の可能性を求めて修行中。
非日常的な海産物をどこへでも持って行き、提供する活動をしている。

2018-06-20 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

神田古本市 2018年6月24日(日)

古本市 (1)

6月24日(日)は神田古本市。
第4日曜日にのんびりと開催していく予定です。
今回もなにやら、面白い古本が集まりそうですよ~。
昼間の11時より16時まで開催です。(16時からは通常営業となります)
テトカの店内の大きなテーブルの上に、古本が並びます。
美味しいランチやお飲み物を楽しみながら、お気に入りの本を探してね。

dav

参加者の持ち寄る、様々な古本を展示販売いたします。
少部数の冊子やZINEなど、アーティストお手製の印刷物も並びます。
テトカから徒歩2分のキンコースを活用して、参加者がその場でZINE制作が
出来て、即、販売するスタイルを現在検討、思案中です。
古本やZINE以外には、紙ものに、古写真、版画、ポスター、印刷物など、
収集から展示販売へと、新しい古本市を目指します。

IMG_3715

出品者も募集しています!(参加費1000円/ワンドリンク付き)
(個人で収集された古本や、制作したZINE、写真など紙ものや本にまつわる物品)
※お電話でお問い合わせください。(Tel: 03-5577-5309)

IMG_3706

IMG_3692

神田古本市  
日時: 2018年6月24日(日)11:00~16:00(延長もあり)
※16時からは通常営業になります。
【出展者】
広瀬良二
寺門克也
藤本正平
aho_aho
Jinta(畳)
azteca books
キンカンパブリッシング
and more

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309

2018-06-19 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

Where’s The Music? 2018年6月19日(火)

スクリーンショット 2018-06-16 0.09.08

6月19日(火)はWhere’s The Music? を開催します。
梅雨もはじまりましたが、
楽しくやっていきましょう!
今月はテトカではおなじみの(いろいろ省略笑)黒田潔 、寺門克也が
Where’s The Music? のDJに初参戦!
しょーこちゃんの美味しいご飯も食べれますよ〜!
みなさまのお越しお待ちしております。

kuroda_01
©Kiyoshi Kuroda All Rights Reserved

黒田潔 Kiyoshi Kuroda
イラストレーター。2003年より動植物をモチーフにモノクロの線画作品を発表。主な展覧会に「MOTアニュアル2010:装飾」(東京都現代美術館)、「Water」(POST)、「Paper」(hpgrp GALLERY)。作品集に「森へ」(ピエ・ブックス)、古川日出男共著「舗装道路の消えた世界」(河出書房新社)。

35281609_1756512451071234_7160949365748531200_n

寺門克也 デザイナー・アーティスト・DJ
https://www.instagram.com/katsuya_terakado/

★Where’s The Music?
日時:6月19日(火)18:00~23:00
【 DJ 】
黒田潔
寺門克也
DJおにぎり
Shohei Fujimoto

【FOOD】
しょーこちゃん
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2018-06-16 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

神田蚤の市2018年6月10日(日)

神田蚤の市_ロゴ

6月10日(日)は神田蚤の市。
毎月第2日曜日に開催しています。
テトカの店内での蚤の市となります。
11時より16時まで(延長もあり)
参加者の持ち寄った様々なモノをその場でご購入頂けます。
Hayato HigaさんのTarot & Astrologyや、美味しいランチも楽しめます。
是非、散歩がてら遊びにきてね~。

神田蚤の市  
日時:2018年6月10日(日)11:00~16:00(延長もあり)
【 神田蚤の市・参加者 】
山内崇嗣
Jinta(畳)
中嶋大介
山田道生
青木 政宜
手塚敦嗣
and more

【 Tarot & Astrology 】
Hayato Higa Tarot & Astrology (15分・1,000円)

※16時からは通常営業になります。
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309

22491849_754962598026019_7864505665194743747_n
22491721_754626894726256_7675811485803174491_n
22491461_754626911392921_574230865548329359_n
22489852_754962604692685_1383450129833256610_n
22449669_754627098059569_7423499826733648685_n
22448678_754962554692690_4786026579948148353_n
22405780_754962584692687_5212571529109587491_n
22405706_754962548026024_3026927324922391506_n
22405706_754962541359358_3977175733836064611_n
22366447_754626878059591_1800393614765626558_n22448352_754962551359357_2357409801539712996_n
22089711_749951328527146_6692927371325923464_n
22046790_749951385193807_8171510201254416491_n

2018-06-05 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

Alex Besikian /アレックス・ベシキアン個展『システム』2018年5月31日(木)~6月14日(木)

alex_flayer (1)

テトカでは、5月31日(木)から6月14日(木)の会期でAlex Besikian /アレックス・ベシキアン個展『システム』を開催致します。
1987年生まれのフランス人、アレックス・ベシキアンは音楽制作、CD制作と、ドローイングを中心としたアートワークに、様々な少部数のアートブックを制作しています。数年前にテトカに遊びに来てくれたアレックスは鉛筆ドローイングのZINEをプレゼントしてくれました。日本をテーマにしているZINE「SATORI」は日本の何気ない風景や、ネット上で見つけた、堀口捨己の建築物や大阪万博などのパースフェクティブの背景に、日本漫画の吹き出しや擬音、カタカナなどが独自の解釈のもとブレンドされた、日本的な作品群でした。伊藤桂司さんや、五木田智央さんが好きだと言うアレックスのストレートなドローイングは、コミュニケーションもままならない、パリに住むアレックスと神田テトカを一瞬で繋いでくれました。帰国後も新しいZINEを来日する友人の小川マリさんに託してテトカへと届けてくれる、律儀なアレックスの展示を開催できる事を嬉しく思います。ぜひこの機会に、日本が大好きなアレックスの展示をご高覧下さい。
http://www.alexbesikian.com/

alex_book

アブストラクトなアートを見る際に、大抵の人はあるフォルムを連想するが、僕が絵を描く時はその逆だ。自分は身近にあるフォルムの中に隠れたミステリーを探す。
建築、植物、鉱物が好みなのは抽象的な形の豊かな引き出しだからだ。ジャック・ケルアックの「パリの悟り」と「ザ・ダルマ・バムズ」達磨の浮浪者、を読んで僕は日本の庭園のとりこになった。
庭園の中に幾何学的な問いの答えが秘められている気がした。
もう何年も僕が描く絵は日本文化と繫がっている。
「SATORI」序文より
(ROADSIDERS’ weeklyより参照)
alex_kao
(ROADSIDERS’ weeklyより抜粋)
alex_kao2
(ROADSIDERS’ weeklyより抜粋)

miniposter_ura

【会期中イベント】
・5月31日(木)システム オープニングレセプション:19:00~
・6月2日(土)アレックス・ベシキアン 小冊子 発売記念サイン会
・6月3日(日)A.K.I.PRODUCTIONS LIVE( http://tetoka.jp/archives/5540 )
・6月10日(日) 神田蚤の市(午前11時から16時まで、以降通常営業)
・6月11日(月)アレックス・ベシキアン×伊藤桂司 トークショー ( 同時通訳での日本語対応予定 )
19:30~入場無料
・6月14日(木)クロージングパーティー アレックス・ベシキアン LIVE:19:00~

【関連イベント】( 詳細は、各店舗にお問い合わせ下さい。)
・6月8日(金) 中目黒Solfaにて、アレックス・ベシキアンのレコードリリースパーティーがあります。
http://www.nakameguro-solfa.com/schedule/article-8458/
・6月9日(土) 青山faiにて、イベント[ don’t front ]でアレックス・ベシキアンのライブ演奏があります。
http://fai-aoyama.com/index.html/

newp copie copie.jpg

展覧会概要
展覧会名:Alex Besikian /アレックス・ベシキアン個展『システム』
会期:2018年5月31日(木)~6月14日(木)
★オープニング・レセプション:5月31日(木)19:00~
営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2018-06-01 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』 2018年6月3日(日)

IMG_2783
(PHOTO = Great The Kabukicho)

A.K.I.PRODUCTIONSの、Buchla Music Easelの演奏を中心としたライヴ・シリーズ。およそ半年振りになる今回、『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』での上演を予定しているプログラムは、以下の通りになります。

・ヒューモア(坂上さんと柄谷さん)

・無心ファクトリー

・ストレイトアウト東京ストロングアイランド組曲(2015年のクリスマスの渋谷で)~You know nothing of my work!(私のなんにもわかっちゃない!)~THIS YEAR’S GIRL’18/サンプリング・スポーツ新聞~アスリートの哲学者もまたPE~そもそも!?(承認欲求ボンボクラ!)

・ヒップホップ同い年~倫理B-BOY Bouillabisse(昔は、ラップが好きだった・アゲイン)

・お話:JUST-ICEは、何故1986年に『BACK TO THE OLD SCHOOL』というタイトルのアルバムを出したのか? そして、STAP FUNK、に、ついて。

※以上の、5つほどのプログラムで上演される予定です!(尚、諸事情により、当日、急遽予定変更の場合は、ご容赦くださいませ)。

また、今後の『A.K.I. Plays Buchla』シリーズですが、以下のようなプログラムを予定しております!

A.K.I. Plays Buchla Vol.7(2018年夏~秋開催予定)。

・RE/VERSE AGE~ギター禅(「絶対の孤独」篇)

・ハートビートにサリエンシー2018(The Flying Saucers Are Real!)

・セブンス・バージン、エイス・バージン。

・TVパーティー~最高のTVショー・最低のTVショー(We Watch Channel Zero?!)

A.K.I. Plays Buchla Vol.8(2018年冬~2019年早春開催予定)。 

・1、2、3 BREAKIN’ OUT! (チューリップのように/グラジオラスのように)

・Password is Zero~MORE STAP FUNK(坊ちゃんと猫とネオテニー)

・HIP HOP R.Y.U.S.E.I. BE-BOP-HIGHSCHOOL

と、いった感じになります!

皆様、どうかどうか、よろしくお願いいたします!

・倫理B-BOY info
https://twitter.com/RINRIBBOY1/

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions//

・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ
http://spaceshowermusic.com/ds/artist/11500350/

・皆様からのA.K.I.PRODUCTIONSに対するご感想は、以下のリンクから。
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/988629517706051584

・今回は、下記リンクの先の「お話」も?
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/890565835231592449
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/867984553008218113

・『A.K.I. Plays Buchla』過去2回のライヴのセットリストとライヴ現場写真へのリンクも以下に。
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/949538433898135552
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/900729450949562368

【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。1993年ファースト・アルバム『JAPANESE PSYCHO』を発表。その後、メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるソロ・ユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。その後、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、A.K.I.の思考過程がごくシンプルに綴られている。2014年より、神田TETOKAにて、ライヴ形式で新作発表を行う不定期ライヴ、『トランスクリティカルHIP HOP ショー』をスタート。2015年には、4枚目のアルバム『SISTER」を一度完成したものの、改変を繰り返し、2017年には、CD2枚組(DISC1 10曲入り 74分20秒/DISC2 8曲入り 66分31秒)の作品に(しかし、リリース予定は今のところなし)。また、2010年に刊行予定だった、A.K.I.PRODUCTIONSの著書、天然文庫『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』も、未だリリースを延期中(但し、2014年に、TETOKAで30部のみ限定販売)。2016年より、神田TETOKAにて、Buchla Music Easeiの演奏を中心にした、不定期ライヴの新シリーズ『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス』をスタート。

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』
日時:2018年6月3日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1,500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

写真は、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.5』@神田TETOKA(’17/12/09)のライヴ風景から(PHOTO = Great The Kabukicho)

2018-05-29 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

神田古本市 2018年5月27日(日)

古本市 (1)

5月27日(日)は神田古本市。
第4日曜日にのんびりと開催していく予定です。
今回もなにやら、面白い古本が集まりそうですよ~。
昼間の11時より16時まで開催です。(16時からは通常営業となります)
テトカの店内の大きなテーブルの上に、古本が並びます。
美味しいランチやお飲み物を楽しみながら、お気に入りの本を探してね。

参加者の持ち寄る、様々な古本を展示販売いたします。
少部数の冊子やZINEなど、アーティストお手製の印刷物も並びます。
テトカから徒歩2分のキンコースを活用して、参加者がその場でZINE制作が
出来て、即、販売するスタイルを現在検討、思案中です。
古本やZINE以外には、紙ものに、古写真、版画、ポスター、印刷物など、
収集から展示販売へと、新しい古本市を目指します。

IMG_3667
aho_aho・ZINE

dav
azteca books ・ZINE

出品者も募集しています!(参加費1000円/ワンドリンク付き)
(個人で収集された古本や、制作したZINE、写真など紙ものや本にまつわる物品)
※お電話でお問い合わせください。(Tel: 03-5577-5309)

IMG_3328

神田古本市  
日時: 2018年5月27日(日)11:00~16:00(延長もあり)
※16時からは通常営業になります。
【出展者】
aho_aho
Jinta(畳)
Yusuke Isao
azteca books
キンカンパブリッシング
and more

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309

2018-05-20 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

3 / 2512345...1020...最後 »