Exhibition, News

CBA solo exhibition HOWEVER 22cm x 16cm x 42pieces 2020年2月15日(土)~3月8日(日)

手と花では2月15日(土)~3月8日(日)の会期でCBA展 HOWEVER 「22cm x 16cm x 42pieces」を開催いたします。
神田神保町にある美学校で講座を持ち、吉原P(Gallery&SpicyFoods)を運営するマジック・コバヤシさんが、(シバちゃん本気だから!!)と紹介してくれた。CBAの持つ真直ぐな眼差しと、日々止まる事なく描き続けられる真摯な制作、優しくも凛とした話ぶりに一度で魅了された。物を生み出す人間の本物の腹のくくり方に気づかされました。CBAの抽象絵画とその姿勢、誰をも魅了する人間CBAにぜひ会いに来て下さい。

【会期中イベント】
★2月18日(火)「Where the Music?」18:00~
【LIVE】須永健太郎
【DJ】バンドウ ジロウ/野島 渓/山田 道生/Onigiri/Shohei Fujimoto/and more
http://tetoka.jp/archives/7234

★2月23日(日)「GOD BLESS U」17:00〜
【LIVE】柚木隆一郎(EL-MALO)
【DJ】伊藤桂司/TOMC/Katz 25/MICHIO YAMADA/and more
【FOOD】小笠原 徹
http://tetoka.jp/archives/7228

CBA(シーバ)の絵画作品はかなり音楽的だ。繊細な極細のストロークはハイハットの神経質なリズム。大胆な色面はバスドラのずっしりした響き、うねる太い線はファンキーなベースライン、多層に重なる様々な形や色はギターやキーボードの豊かなメロディやリフレイン。

実際知り合った頃(およそ20年前)の彼はミュージシャン、ベースプレイヤーだった。たぶん「恵比寿みるく」で。そこにはかなり面白い世界的局所の音楽シーンがあった。その頃から周りのミュージシャンは親しみを込めて彼をしばちゃんと呼んでいたのでオレもそれにしたがって彼をそう呼んでいたのだが、いくつか歳上だったと知ったのはずいぶん後のことだ。彼には高圧的な先輩感がない。チャーミングな笑顔から発せられるフェアーなマインド、感覚の共有、当時から年齢差を感じていなかったのでオレは今も彼をしばちゃんと呼ぶ。

そんな彼をはじめて招聘したのは2007年くらいだったかな?、今はなき西麻布スーパーデラックスにおけるイベントだった。自分の「居酒屋インスタレーション映像作品」と「フリーちゃんこ鍋」に「ライブ」を融合させたかなり無茶なイベントにCBAちゃんをミュージシャンとして呼んだ。そのイベントでは自らも泥酔したので詳細な記憶はないがCBAちゃんのプレイは打ち込みに生演奏を融合させたディスコサウンドでかなりゴキゲンなものだった印象が残っている。

それからしばらくは特に理由もなく若干疎遠になってしまうがSNSで再開した彼は熱心に絵を描いていた。出会った当時からグラフィックデザインや絵画制作をやっていたのは知っていたが、なんでも音楽活動を封印し絵画制作に専念していると聞いた。まじかよ?音楽より本気なの?!と思いFacebookから辿りInstagramをフォローすると、なんと!フォロワーがかなり居るではないか?そこで思わず2018年に「音楽と絵画」と言う展示企画に誘うことになる。この展示は美術と音楽を縦横無尽に行き来する鬼才を集めたもので山塚EYE、五木田智央、中原昌也、角田純と言う才能にCBAちゃんをぶつけたものだ。かなり面白いものが出来たのではないかと手前味噌ながら思うが、CBAちゃん自身もそれまでの誠実な制作発表を経て、その後快進撃がはじまったようにみえる。Instagramの話に戻るが、驚異的な事実としてCBAちゃんのフォロワーは47000人以上(2019年12月現在)もいる。しかもそのフォロワーのほとんどが欧米人であるらしい。なんら作品説明もせず視覚表現のみで言語の違う人々にこんなにも受け入れられている。これは彼の絵画作品が昨今の日本におけるコンテキスト偏向の流れと全く関係ないことを証明している。

これを書いている途中に今回の展示名が「However」であると連絡が来た。However…しかしながら…けれども…とはいえ…。なんだろう…この言葉をCBAちゃんとの会話から何度となく聞いているように感じた。これはおそらく彼の「物事の捉え方」に他ならないのではないだろうか。何事も先入観なく受け入れる。しかしながら、けれども、とはいえ、その肯定にも疑念を持つ。一面的なジャッジに留まらず深く洞察する。これは私自身も心掛けているが、なかなか難しいことだ。CBAちゃんのそんな普段の問いが今回の作品に影響をしているのか?していないのか?さあ、あなたはCBAちゃんの絵画作品をどう観る?どう感じるのか?さらなる飛躍があるのか?期待が高まる。
(マジック・コバヤシ) https://www.instagram.com/galleryandspicyfoods_p/

Profile
CBA
1965年大阪府出身。Tokyo Design Academy卒。現在神奈川県相模原市在住。東京で書籍装幀、雑紙、広告等のグラフィックデザイナーを20年以上経験後コラージュ、ペインティング、ドローイング、映像制作を主とした画家としての活動を始める。
セッションベーシストしても過去多くを経験もち、CICADA, サーファーズオブロマンチカ、ZERO等にライブやレコーディングに、映画『東京ゾンビ・浅野忠信主演』ではサントラレコーディングに参加。アカペラポリリズムユニット、ズビズバではイタリア、ボローニャ音楽祭に出演。2010年11月より画家として活動を始め今まで主に以下のような展示イベントに参加している。

*Le Grand Ecart (2010年6月)
*松芝展(2010年11月)
*サマーソニックライブペイント、ソニッカート(2010.11年8月)2年連続参加。
*CBA SOLO EXHIBITION at uplink gallery (2015年12月)
*グループ展 “ 絵画と音楽 “ at KOMAGOME 1-14 cas 2018年7月(山塚EYE、五木田智央、中原昌也、角田純)
*Solo Exhibition “裸のコンポジション“ at Cafe 104.5, (2019年4月〜6月)
*ドイツ・デュセルドルフ、アートレジデンシー参加(2019年6月)
*韓国、釜山リサイクリングアート展、計3回参加(2016 2017 2019)

作品サイト
[ instagram ]
https://www.instagram.com/dmocba/
[ youtube ]
https://www.youtube.com/watch?v=BgQuaAmTMRk
https://www.youtube.com/watch?v=hj51ucIQPFw&t=200s
https://www.youtube.com/watch?v=eUoB0Es6ufY&t=1s

Profile
CBA aka Yukifumi Shibasaki
from Japan,
Living in Kanagawa,
Born in Osaka,1965 and raised in Tokyo,
graduated Tokyo Design Academy
Started a painter since 2010 after experiencing a graphic designer for 24 years,
and used to be a bass player for some sessions at the same time,
joined in Bologna Music Festival as a member of Zubizuva in 2004,
Best style are collage, painting and drawing.

artist carrier
Deco Max Operation Exhibition at Le Grand E’cart in Tokyo, Jun 2010
Live Painting at Sonicart in Summer sonic, in Chiba, August 2010
Matsushiba_ten at Nigyoucho in Tokyo, November 2010
Live Painting at Sonicart in Summer sonic, in Chiba, August 2011
Snack Catherine Exhibition at Unice in Tokyo, April 2014
SOLO EXHIBITION at Uplink gallery in Tokyo, December 2015
The 5th International Recycling Art Exhibition in Busan, South Korea,
September 2016
Solo Exhibition ”VIVID” at Chubby in Tokyo, October 2016
The 6th International Recycling Art Exhibition in Busan, South Korea,
September 2017
Received Encouragement Award in Contemporary Section at London EWAAC,
October 2017
Group Show “ TABLEAU AND MUSIC “ at KOMAGOME 1-14 cas in July 2018
Solo Exhibition ”Drawn to” at Clouds Art coffee in Tokyo, December 2018
Solo Exhibition “Naked composition“ at Cafe 104.5, from April to June 2019
artist in residency in Dusseldorf, Germany for 3 weeks, from May 18 to
June 9 2019
Solo Exhibition ”Possessions of sustainable value” at Eleven Bistro in
Busan, Korea 27 from August to 15 september 2019
The 8th International Recycling Art Exhibition in Busan, South Korea,
September 2019

展覧会概要
展覧会名:CBA solo exhibition HOWEVER 22cm x 16cm x 42pieces
会期:2020年2月15日(土)~3月8日(日)
営業時間:16:00~23:00
★Opening Reception 2月15日(土)19:00~
他イベントなどは、SNSほかホームページで告知します。
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2020-03-05 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

『A.K.I.PRODUCTIONS CLUB SET 2020春、ライヴ!~A.K.I.の生Tweet。』2020年3月22日(日)

A.K.I.PRODUCTIONS、2020年初のライヴは、なんと、CLUB SET!

でも、Buchla Music Easelは、いつも以上に全開、かも?

今回のライヴでは、以下の3つの、“倫理B-BOYズ・ワード・スコア”に従って音を出します(尚、当日、都合により急遽内容変更の場合がございます。ご了承くださいませ)。

・倫理Bガールズブラボー!~おしゃべりパークジャム & 80’s RADIO(“JAPANESE PSYCHO MEETS MESS/AGE MEETS DR.HEAD ”的な 新型ポップウィルス 2020 ver.)。

・(倫理B-BOYによる)アパッチなヒュムネン~もう1つの(マクルーハンの)再部族化。

・芸人その世界(前編)、あるいは、(複数のシンセサイザーの為の)ダブルバインド・ドルフィンのリラックス・タイム。

CLUB SET、そのネーミングに偽りアリ! か、どうなのか? それは、ライヴ当日までお楽しみに!

・倫理B-BOY info
https://twitter.com/RINRIBBOY1/

・A.K.I.PRODUCTIONS Blog
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions//

・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ
http://spaceshowermusic.com/ds/artist/11500350/

・皆様からのA.K.I.PRODUCTIONSに対するご感想は、以下のリンクに。
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/988629517706051584

・グレート・ザ・歌舞伎町さん撮影による『A.K.I. Plays Buchla』シリーズの現場写真などは、以下のリンクから(尚、Vol.6の時のみ仲田舞衣さんによる撮影になります)。
Vol.1からVol.7までは、https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1210528261744148481
Vol.8は、https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1220683239288737795

・「A.K.I.PRODUCTIONS、からの、山口小夜子さんへの手紙’19(“M.A.C.C.” と “世界史の実験” に、触れて~小夜子さんとデ・ラ・ソウル。)」
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1202886184994656256

【A.K.I.PRODUCTIONSプロフィール】
1987年結成の高校生HIP HOPトリオ、KRUSH GROUPを経て、ラッパーのA.K.I.(エーケーアイ)が1989年に結成したA.K.I.PRODUCTIONS。1993年ファースト・アルバム『JAPANESE PSYCHO』を発表。その後、メンバー変更の紆余曲折を経て、現在はA.K.I.1人によるソロ・ユニットとなる。2005年頃には、山口小夜子氏とのデュオも話題に。その後、レーベル“AWDR/LR2”より、自身が主宰する“倫理B-BOY RECORDS”で制作した『DO MY BEST』(2009年)、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)という、2枚のアルバムを発表。それぞれに、44Pに及ぶブックレットが付属されている。特に、後者に付された「ガキ・アカデミーへの報告日記」は、A.K.I.の思考過程・ブレイクスルー、が、ごくシンプルに綴られている。2014年より、神田TETOKAにて、ライヴ形式で新作発表を行う不定期ライヴ、『トランスクリティカルHIP HOP ショー』をスタート。2015年には、4枚目のアルバム『SISTER」を一度完成したものの、改変を繰り返し、2017年には、CD2枚組(DISC1 10曲入り 74分20秒/DISC2 8曲入り 66分31秒)の作品に(しかし、リリース予定は今のところなし)。また、2010年に刊行予定だった、A.K.I.PRODUCTIONSの著書、天然文庫『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』も、未だリリースを延期中(但し、2014年に、TETOKAで30部のみ限定販売)。2016年より、神田TETOKAにて、Buchla Music Easeiの演奏を中心にした、不定期ライヴの新シリーズ『A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス』をスタート。

『A.K.I.PRODUCTIONS CLUB SET 2020春、ライヴ!~A.K.I.の生Tweet。』
日時:2020年3月22日(日)19:00開場/19:10前後 から、ウォーミング・アップ開始!/19:30開演
料金:1,500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
Tel: 03-5577-5309
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。
写真は、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla~ラップとトークとエレクトロニクス Vol.8』
@神田TETOKA(’19/09/22)のライヴ風景から(PHOTO = Great The Kabukicho)

2020-03-03 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「オハナ食堂プレゼンツ60/60 -低音調理-」 2020年2月29日(土)

2月29日(土)は「オハナ食堂プレゼンツ60/60 -低音調理-」を開催いたします。
START 17:00〜

テーマは低=LOW。
東京千代田区を拠点に人力車によるエコでパンクなお弁当屋「オハナ食堂」
世界20か国以上食べ歩いたディレクター千野晴己 が今宵の料理をプロデュース。
素材のうま味を1ミリも逃さぬ「真空低温調理」による自然派・無添加料理をご賞味ください。
・北海道産濃縮ホタテ出汁皿うどん
・ロースト牛タン九条ネギダレ
・発酵塩麹×鶏ハム~などなど
さらに、お飲み物は山梨で仕入れた国産中心のナチュールワインや自然派シードルをご用意。
また、同級生でもある音楽家・塚田耕司 が低音の効いたベースミュージック中心の選曲とともにサーブします。
食材なら60℃、音楽なら60Hz。CBAのストリート感溢れる作品群と共にお楽しみください。いい塩梅とはいかに!?
(オハナオクル代表・千野晴己/音楽家・塚田耕司)

会場:TETOKA(‪東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F‬)
※TETOKAは‪16時から23時まで‬営業しています。

2020-02-21 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「Where’s the Music?」 2020年2月18日(火)

2月18日(火)はWhere’s the Music?を開催します。
今月のWTM?には久しぶりに須永健太郎のライブを開催!
毎回、進化(深化)を続ける摩訶不思議な音と空間を一緒に楽しみましょう!
加えて、今月はいつものメンバーに加えて、バンドウジロウ、野島渓もDJとして参加!
楽しい夜になりそうです。
みなさまのお越しをお待ちしております。

【須永健太郎】

2003 _ 念形師 家元になる
毛糸をワイヤーに密に巻きつけ、空間を左右対称に展開-収束する造形” 念形 _ねんぎょう “を考案。

2009 _ゾリニストになる
好きな音: アコーディオン・バグパイプ・ディジリドゥなどに近しい音を発する” 象麟_ゾリン “を制作。
稀に鳴らすことの出来る和音を発見する。

2018 _ボナペティストになる
水滴 落下 衝突 揺らぎ 自然法則に少しだけ人為的な調整をする事によって、空間からリズムを抽出する機構を開発。
Bon-Appetit (S) _ボナペティッツ “と名付ける。

水と空気が音楽を奏でる機構が出来た。

2020 _所属から独立
平面デザイン・印刷設計・立体造形・リズム音源販売・空気と水の音のワークショップ・演奏パフォーマンス・クリエイティブ全般を個人でお請けいたします。
お問合わせくださいませ。

YouTube
https://youtu.be/M9dpeJgbSCE

instagram
https://www.instagram.com/iemotomaster

SOUNDCLOUD
https://soundcloud.com/kentaro-sunaga

「Where the Music?」
日時:2月18日(火)18:00~23:00
【Live】
須永健太郎
【DJ】
バンドウ ジロウ
野島 渓
山田 道生
Onigiri
Shohei Fujimoto
and more

会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2020-02-16 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「GOD BLESS U」2020年2月23日(日)

MICHIO YAMADAがスペシャルゲストをむかえ「ほんの少しでも、ちょっとでも日常より”いいこと”がありますように」をコンセプトに音楽、食、ART 空間 etc….で”いいこと”を提供するイベント。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

GOD BLESS U
日時:2月23日(日)
START 17:00
ENTRANCE:FREE
【DJ】
伊藤桂司
TOMC
Katz 25
MICHIO YAMADA
and more
【LIVE】
柚木隆一郎(EL-MALO)
【FOOD】
小笠原 徹

会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2020-02-10 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.6 「愛がすべて、そりゃそうでしょ」2020年1月27日(月)

僕の髪が肩まで伸びたところで、二人の心は変わらない。てんとう虫がしゃしゃり出てきたところで、ブルーの絨毯敷きつめた古い暖炉のある家で楽しく笑って暮らしちゃうんです。二人きりじゃないけれど、今夜もどうぞよろしくご唱歌くださいませ。

ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.6
「愛がすべて、そりゃそうでしょ」
日時: 2020年1月27日(月)18:00-23:00 (ラストオーダー:22:30)
1ドリンクオーダー/1曲 200円 

ママ 太田京子(金柑画廊)
チーママ 二宮 佐和子(アーティスト)
サウンド担当:藤本正平
照明 :㥁祐介
ゲスト新人見習い:大室みどり
料理長 : 小笠原徹

会場: TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2020-01-25 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「Where’s the Music?」 2020年1月28日(火)

1月28日(火)はWhere’s the Music?を開催します。
通常は第3火曜日に行われれる当イベントですが、諸々の理由により、今月は第4火曜日の28日に行うことになります!現在開催中の「MUSEUM (C)HOP.exhibition|ミュージアム(チ)ョップ 展」の近藤ちはる、浅野雅英、そして参加クリエーターでもある齋藤基正、ボッチンもDJとして参加!
テリー福山のライブに加えて、占い師の一舞瀬おり(いぶきせおり)も初参加で盛りだくさんな夜になりそうです!
みなさまのお越しをお待ちしております。

★テリー福山(TERRY&FRANCISCO、フラッシュバックあの人)
墨田区にてショップ「NANIYA」運営アンティークと生活雑貨、カルチャーとアート
twitter,Instagram/NANIYA_tokyo

★一舞瀬おり(いぶきせおり)
占い館での対面鑑定などで2000名以上の方を拝見して参りました。
丁寧に対話を重ねる鑑定を心掛けて居りますので、モヤモヤしたお気持ちをそのまま受け止めて、カードと一緒に解決策をお探し致します。

「Where the Music?」
日時:2020年1月28日(火)18:00~23:00
【Live】
テリー福山(ex.Terry&Francisco、フラッシュバックあの人)
【占い】
一舞瀬おり(いぶきせおり)
【DJ】
近藤ちはる
浅野雅英
ぼっちん
齋藤 基正
寺門克也
Onigiri
Shohei Fujimoto
and more
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2020-01-25 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「MUSEUM (C)HOP.exhibition|ミュージアム(チ)ョップ 展」2020年1月25日(土)~2月9日(日)

手と花では1月25日(土)~2月9日(日)の会期で「MUSEUM (C)HOP.exhibition|ミュージアム(チ)ョップ 展」を開催いたします。
グラフィックデザイナー近藤ちはると水族館劇場の美術監督・浅野雅英がタッグを組み、異業種ならではの視点で本人たちが好きな作家の作品をミュージアムグッズ化します!

「前代未聞! ミュージアムのない、ミュージアムショップ」です。ミュージアムショップのように作家の作品をグッズ化する。グッズ化した商品そのものが、展示する作品でもあるというユニークで前例のない個展です。

多彩な作家から頂いた、ほぼ初見の作品群。それをどうグッズへ転化させていくのか?
それはデザイナーとして、この上なく幸せなことであると同時にまさに真剣勝負でもありました。
「作品」と「グッズ」の間には、思考と試行の格闘(まさに空手チョップを連打するかのような) の中で生まれたアイデアとイマジネーションが詰まっています。その全てを一つ一つグッズとしてデザイン=具現化できたかどうか。
この不思議なミュージアムはたまたミュージアム(チ)ョップ.でお確かめください。

敬愛する全てのアーティストに感謝をこめて。

————–
ミュージアム(チ)ョップ開催によせて。

不思議なタイトルの展覧会である。
何を展示するのかと問うと、好きなアーティストの作品を(自由勝手に)グッズ化するのだという。
企てたのは、近藤ちはる、浅野雅英という女と男である。なんと近ごろ、夫婦になったという。

女の方、近藤ちはるの(C)hiharuをとってミュージアム(チ)ョップと冠したそうだ。

それにしても人気アーティストに作品を創ってもらいそれをおもむろに自らのまな板にのせちゃって思いのままに料理しようとは、大胆不敵なことを考えたものである。

だいたいにおいて、この者たちは一体何ものか?
女は当代流行の広告を手がけるアートディレクター、男は幻想狂気、神出鬼没「水族館劇場」の美術監督である。

一見、両人とも、こんな大それたことをする様には見えない。

むしろ、女も男もおっとりとして、時に寝ているのかと思えるほど口数も少ない。人見知り、控えめな風であるが酒など交えて和すれば、細やかな気遣いとひだまり的温かさで人をなごませてくれる。

だが、しかしである。油断はならないのである。
この者たちの精神は、強靭である。苛烈である。

とりわけ自分たちが好きなもの(アートであり、舞踊であり、芸能であり、格闘であり)を求めることにおいては掛け値無し! 一切の手加減容赦はないのである。

私が皆さんにお伝えしたいのは、そういう女と男が何の因果か、夫婦というタッグを組んだということだ。組んじゃって、一発目の観覧試合を目論んだということなのだ。

近藤ちはるが言うには「ふたりでひとつのものをつくるという共同作業をアーティストの方や見に来てくれた人たちと一緒に分かち合いたい❤️」 とのことだった。

ミュージアム(チ)ョップ

斯くなる上は、胸奥に突き刺さり、脳天を揺さぶるチョップの雨あられ、覚悟してご覧頂きたい。(大井邦生 祝・拝)
————–
近藤ちはるさんも、淺野雅英くんも、水族館劇場にとって、なくてはならない存在の美術スタッフです。ちはるさんは団塊世代であるシンガーソングライターが谷保駅近くに開店したライブハウスのハウスバンドのリーダーでした。お店はオーナーの世代と、ちはるさんの世代の若いミュージシャンで活気に溢れていました。
水族館劇場は、また別の脈絡からオーナーと親しく、開店前のお店の工事を手伝ったりしていました。世の中はまだ息苦しさに満ちてはいませんでした。多摩川の河原で音楽祭を開催したり、社会的な活動をしたり、みな野生児のように暮らしていました。ちはるさんはそんな中から、青山の超難関デザイン事務所に就職を決め、あっという間に新人賞を最年少で受賞。売れっ子デザイナーになっていきました。
水族館劇場も、ちはるさんに全ての宣伝美術を任せました。それまでのアングラ色の濃いものから脱却した劇団は少しずつ観客を増やしていきました。
淺野雅英くんは舞台美術のお手伝いとしてあらわれます。大きなテーマパークのエイジングを生業としていました。淺野くんはすぐさま役者としての才能を開花させ、女装でラストシーンを引き寄せるという荒事でデヴューしました。
水族館劇場は多種多様なひとびとが出入りします。ひとりひとりにある、それぞれの思いを纏めあげて、ひとつの舞台を拵えるのは大変な作業です。とても座長ひとりではこなしきれません。そんな時いつも的確な方向性を指し示すリーダーシップに溢れています。その力を最も強く発揮したのが横浜トリエンナーレ参画のときの行政側との粘り強い交渉でした。
能力の高い淺野くんは、水族館の分裂騒動の時も、反旗を翻した、世代的には一緒の小劇場新劇団側につかず、スクラップ軍団でしかない取り残され組で、再建に力を貸してくれました。
そんなふたりに強く思うのはセンスが要求される立場にいながら、どちらも極めて論理的な思考を決断のみなもとにしていることです。
この思考力がある限り、これからも見る者の眼をひらく、素敵なアートを展開してくれるでしょう。近藤ちはるさんも、淺野雅英くんも、水族館劇場にとって、なくてはならない存在の美術スタッフです。(水族館劇場一同)

【PROFILE】
近藤ちはる/Kondo Chiharu
グラフィックデザイナー・アートディレクター。1978年山梨県生まれ。2002年東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、ウルトラグラフィックス入社。’05年JAGDA新人賞受賞。’07 年甲府市文化奨励賞受賞。’14年より原宿サン・アド勤務。

浅野雅英/Asano Masahide
1979年東京生まれ。02年より、場の建立から超巨大野外舞台の建て込み~スペクタクル芝居~撤収までを全て自身たちで行う役者徒党“水族館劇場”の美術スタッフとして関わりはじめ、後に美術監督・役者・制作として活動をしつつ現在に至る。またコーヒーロースターとしての顔も持ち、今回の展示には自身の屋号「happy coffee」としても参画。

【参加クリエーター】
有高唯之(写真家)
居山浩二(iyamadesign)
興村憲彦(写真家)
Kalina Leonard(写真家)
工藤“ワビ”良平(WABISABI|デザ院)
齋藤基正(くふき|NUUMOON.)
少路昌平(写真家)
JUN OSON
水族館劇場(劇団)
鈴木都(陶芸家)
トーキョーデリケートボーイズ
中島宏樹(写真家)
中嶋貴久(nakajima takahisa design)
中西“サビ”一志(WABISABI|デザ院)
フィリックス(藍染|Watanabe’s)
藤枝リュウジ
藤本正平(写真家)
ボッチン(造形作家)
and more…

【会期中イベント】
★1月27日(月)ラウンジ・カラオケ・バー K&S~来る夢去る夢~ vol.6 「愛がすべて、そりゃそうでしょ」
18:00-23:00 (ラストオーダー:22:30)
1ドリンクオーダー/1曲 200円 
僕の髪が肩まで伸びたところで、二人の心は変わらない。てんとう虫がしゃしゃり出てきたところで、ブルーの絨毯敷きつめた古い暖炉のある家で楽しく笑って暮らしちゃうんです。二人きりじゃないけれど、今夜もどうぞよろしくご唱歌くださいませ。
ママ 太田京子(金柑画廊)
チーママ 二宮 佐和子(アーティスト)
サウンド担当:藤本正平
照明 :㥁祐介
ゲスト新人見習い:大室みどり
料理長 : 小笠原徹
★1月28日(火)「Where’s the Music?」18:00~23:00
「MUSEUM (C)HOP.exhibition|ミュージアム(チ)ョップ 展」の近藤ちはる、浅野雅英、そして参加クリエーターでもある齋藤基正、ボッチンもDJとして参加!
テリー福山のライブに加えて、占い師の一舞瀬おり(いぶきせおり)も初参加で盛りだくさんな夜になりそうです!みなさまのお越しをお待ちしております。
【Live】
テリー福山(ex.Terry&Francisco、フラッシュバックあの人)
【占い】
一舞瀬おり(いぶきせおり)
【DJ】
近藤ちはる
浅野雅英
ぼっちん
齋藤 基正
寺門克也
Onigiri
Shohei Fujimoto
and more
★2月8日(土)
「MUSEUM(c)hop」Closing Eve Party 『BE EVER WONDERFUL!』 19:00〜
【DJ】vansgasuki/KASE/鑑賞池/Shohei Fujimoto/Masahide Asano/(C)hiharu Kondo/and more…
★2月9日(日)
「MUSEUM (C)HOP.」Closing party 18:00〜
【DJ】TR/SONO/Hirofumi Okubo/ONIGIRI/Hiroki Nakashima/Motomasa Saitoh/Shohei Fujimoto/Masahide Asano
【VJ】手塚敦嗣
【LIVE】東野康弘
【FOOD】そばちゃんのうどん(神田ゆず屋製麺所)

展覧会概要
展覧会名:MUSEUM (C)HOP.exhibition|ミュージアム(チ)ョップ 展
会期:2020年1月25日(土)~2月9日(日)
営業時間:16:00~23:00
★Opening Reception 1月25日(土)19:00~
(DJ)Koji Iyama/Llumi/Shohei Fujimoto/
Masahide Asano

他イベントなどは、SNSほかホームページで告知します。
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
定休日: 水曜日
※2月1日(土)は貸切営業となります。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2020-01-19 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments » 

 

「GOD BLESS U」2020年1月19日(日)

MICHIO YAMADAがスペシャルゲストをむかえ「ほんの少しでも、ちょっとでも日常より”いいこと”がありますように」をコンセプトに音楽、食、ART 空間 etc….で”いいこと”を提供するイベント。
現在、テトカで開催中の「書き初めTYPOGRAPHY 展|NewYear Typography exhibition」の最終日。
展示に参加してくださっている、伊藤桂司、山田道生、藤本正平がDJで、やだちゃん(宇宙大使館)は美味しいおてん屋台で、参加してくれます。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

GOD BLESS U
日時:1月19日(日)
START 17:00
ENTRANCE:FREE
【DJ】
伊藤桂司
Katz 25
Kenjinho
SHOUHEI FUJIMOTO
IIZUMI
MICHIO YAMADA
【FOOD】
マジック・コバヤシ
やだちゃん屋台

TIME
***************************************
17:00-18:00 MICHIO YAMADA
18:00-19:00 Katz 25
19:00-20:00 Kenjinho
20:00-21:00 伊藤桂司
21:00-22:00 IIZUMI
22:00-23:00 SHOUHEI FUJIMOTO
***************************************

会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。

2020-01-17 | Posted in Blog, NewsNo Comments » 

 

「書き初めTYPOGRAPHY 展|NewYear Typography exhibition」2020年1月4 日(土)~1月19日(日)

手と花では令和二年、2020年の最初の企画展「書き初めTYPOGRAPHY 展|NewYear Typography exhibition」を開催いたします。
昭和後半、1970年代頃まで街には地元の看板職人が制作した手描きレタリング看板があふれ、老舗商店の木彫篆刻看板や、ブリキ製箱文字看板に、企業のホーロー看板、映画ポスターのレタリング題字に、個人商店主の達筆墨書きポップなど、全ての国民が一度は書道に親しむ、カリグラフィー(装飾手描き文字)大国、日本の面目躍如の感がありました。現在、パソコンやスマホの普及により人々は文字を書かず、書道を習ったのは遠い昔。
すべての看板はパソコンの中のフォントを切り抜いた、ペラペラカッティングシートに変わりはて、看板職人の腕とセンスは必要とされなくなりました。今、都市の風景は色気なく日々更新し続け、私達は旅先の地方都市で懐かしい看板文字をスマホの中へと封印していきます。

令和二年、書き初めの風習が今も残るお正月に、新しい手描き文字を取り戻そう!デザイナーがベジェ曲線で描くタイポグラフィーは新しい手描き看板となり、アーティストの描くカリグラフィーは、新しい達筆墨書きポップとなって都市を彩る事でしょう。

【参加アーティスト】
伊藤桂司
点|ten_do_ten
ALex Besikian
南出直之|NANDE
斎藤基正|NUUMOON.
嶋脇徳志
藤本正平
WABISABI|デザ院
角田 純
信濃八太郎
遠山 敦
小川 哲|5×5ZINE
小笠原 徹
沖冲.|oki-chu
大日本タイポ組合
サマタマサト|Delaware
手塚敦嗣|Tetoka
悳 祐介
野島 渓
山田道生
バンドウジロウ
吉川徹
宇宙大使館
前田 麦
念形師 家元 須永健太郎
Haruki Chino
zwaaaammmmnnn
Takahiko Yanagisawa
文化屋雑貨店
and more

【会期中イベント】
★1月4日(土)Opening Reception 19:00~
★‪1月10日(金)トラッドリアナイト ‪18:00‬~
DJ/ 伊藤桂司・藤本正平
VJ/マイケル・フランク(宇宙大使館)
FOOD/小笠原 徹
★1月12日(日)新春書き初め大会 14:00~
ピアノ演奏/小松和史
★1月18日(土)ピアノ演奏/小松和史 18:00頃より
★1月19日(日)GOD BLESS U 17:00〜
DJ : 伊藤桂司/Katz 25/Kenjinho/SHOUHEI FUJIMOTO/IIZUMI/MICHIO YAMADA
FOOD:マジック・コバヤシ/やだちゃん屋台(宇宙大使館)

展覧会概要
展覧会名:書き初めTYPOGRAPHY 展|NewYear Typography exhibition
会期:2020年1月4 日(土)~1月19日(日)
営業時間:16:00~23:00
★Opening Reception 1月4日(土)19:00~
他イベントなどは、SNSほかホームページで告知します。
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16-8
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制

2020-01-05 | Posted in Exhibition, NewsNo Comments »