「Cords of Sound|音 の 縄」2018年12月15日(土)

神道や仏教、アイヌ信仰、琉球神道など、日本各地の伝統的な信仰に見られる自然崇拝や世界観を、音楽的見地から考察します。国や地域、ジャンルにとらわれず、広い意味での土着的、神秘的、実験的音楽を自由にミックスすることにより、ニッポン文化の源流に迫ります。

Cords of Sound|音 の 縄
日時:2月15日(土)19:00~23:00 Entrance Free
Live:角田 純[ムックリ]
Dj: 白石隆之 |岡田卓志
Visual:手塚敦嗣
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309

Jun Tsunoda/角田純
Lives and works in tokyo.
Born in Aichi, Japan, in 1960.
Graduated from Tama Art University in 1984.

白石隆之
東京生まれ。70年代後半、パンク~ポストパンクの影響で音楽制作を始める。1980年、高校生の時に日本の伝説的レーベルVanity RecordsよりBGM名義でアルバムを発表。80年代末にはデトロイトテクノとの出会いをキッカケにダンス・ミュージックへシフトし、95年にテクノの名門レーベル、ベルギーR&S傘下のAPOLLOからPLANETOID名義でシングルをリリース。その後、日本のテクノ黎明期を代表するSYZYGYや、 FORCE OF NATURE、DEV LARGEがリリースするLibyus Musicなど、ジャンルを越えて様々なレーベルから作品を発表。2012年にはカセットテープ専門レーベル、ダエンよりアンビエント・アルバムを限定リリースした。しばしの小休止を経て現在新たなプロジェクトが進行中である。
https://www.discogs.com/artist/71004-Takayuki-Shiraishi

岡田卓志
音楽家、フィールド録音家。2000年、Kanoe名義でイタリアSchema Recordsに楽曲を提供。同年、Life Line RecordsからファーストEPをリリース。2004年、OKADA TAXI名義でファーストアルバム「Wise Retrogression」を発表。2008年、空間演出プロジェクト「3rd Method Music」を立ち上げ、選曲やサウンドデザインなどを行う。近年は、フィールド録音による音の展示を開催している。

2018-12-11 | Posted in Blog, NewsNo Comments »