長嶋五郎個展「Amy’s Burger Shop」2017年3月4日(土)~3月26日(日)

2017年3月4日(土)~3月26日(日)、長嶋五郎(ゴンゴン)による個展「Amy’s Burger Shop」を開催いたします。本展では、27歳でこの世を去った歌手のエイミー・ワインハウスを題材に妄想した水彩と線画の新作を紹介します。

gongon_01burger

長嶋五郎個展「Amy’s Burger Shop」 
 
登ったことのない山。見たことのないマンハッタン。
それらは妄想の中にあって、キラキラと輝いている。

ゴンゴンこと長嶋五郎の絵は、時として、現実よりなお美しくて素敵だ。夢遊感漂う水彩の輪郭を重ね、見たことのない場所が纏う気配までを朧気に描き出す。考えてみれば、ゴンゴンと山とのつながりなんて一切ないから、なぜいつも山を描いているのかすら、未だに分からない。でも、その山は凛として透明で、清々しくもある。日本から1度も出たこともないゴンゴンがぼんやりと描くNYの摩天楼だって、妄想の中の憧れを塗りつけるかのように綺羅びやかだ。

カート・コバーンやジミヘンや、いわゆる天才ミュージシャン同様、スターの宿命ともされる27歳で死去した偉大なディーバ、エイミー・ワインハウス。ツインテールに結った幼少期の無邪気な笑顔は、酒とドラッグに溺れて短い生涯を終える歌姫の人生を1ミリも予感させない。(なのに、なぜ?)
乾いた風が吹く、西海岸のバーガーショップ。もし、ツインテールのままの彼女が、悲劇の歳を過ぎてもそのカウンターに立っていたなら、世界はどう変わっていたのだろうかーー。

誰しもの心の中に潜む、無邪気さとモンスター性。生と死と、死を免れた人々だけに許される、乾燥した祭りの光景。それを現実以上に美しく、楽しく、素敵に魅せるのは、やはり他ならぬ、ゴンゴンの筆の魔力なのだ。

大池明日香(LABLINE.TV)

amy3

PROFILE
長嶋五郎(ゴンゴン)/Goro Nagashima(GONGON)
1973 年東京生まれ。武蔵野美術大学短期大学部美術科卒業。雑誌、ウェブ、アパレルブランドなど様々な媒体にイラストレーションを提供、展覧会などで作品を発表している。蓮沼執太フィル1st.アルバムへのアートワーク提供、TOYOTA Corolla 50周年記念CMに参加。主な個展にリトルモア地下での「ヤッホー山脈」(2011)がある。
http://gongon-n.main.jp/

EVENT
▼3月4日(土)19:00~23:00 オープニングパーティ
DJ/Jin Tanaka(Back Drop Bomb) and more

▼3月18日(土) 19:00~23:00 ゴンゴンフェス
DJ/Masanobu Itagaki、 Taro Hirano and more
FOOD/マジック・コバヤシのマジックインド風カレー、ゴンゴンBAR

▼3月25日(土)19:00~23:00 クロージングパーティ
LIVE/抽象具象HIPHOPショーケース(MC NAZO、蜻蛉老師 a.k.a. とんぼせんせい、MC HOT DOOG a.k.a. GONGON)

展覧会概要
展覧会名:長嶋五郎個展「Amy’s Burger Shop」
会期:2017年3月4日(土)~3月26日(日)
営業時間:16:00~23:00
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。詳細はTETOKA ホームページ、Facebookをご確認下さい。
定休日: 水曜日
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)

企画 ・プロデュース/LABLINE.TV with GONGON

2017-02-04 | Posted in ExhibitionNo Comments »