2月8日(日)渡部剛の個展「KUMA NOVA」展 最終日トークショー 『美学校「絵と美と画と術」補講ーつくるための下地づくり』

_MG_9709小

2009年より始まった美学校の講座「絵と美と画と術」の2期生である渡部剛が、今回の展示でテーマとした木彫りの熊を軸に、同講座の講師陣とトークショーを行います。
なぜ木彫りの熊が生まれたのか、なぜ北海道土産として木彫りの熊のイメージが広がったかに始まり、そしてなぜ木彫りの熊を使って作品をつくるのか。
木彫りの熊の背景にある歴史をたよりに、「近代から現代」や「イメージ」、さらに「いま、つくること」など様々についてお話できればと思います。
僕が通っていた頃の当講座では度々繰り広げられてきた(今も?)しっぶい授業の光景がTETOKAに場所を変え、「補講」として甦ります。

「へ〜!」「ほ〜!」「わかる〜!」「なにそれ〜!」となって頂けるように色々仕込んでのぞみたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

渡部剛の個展「KUMA NOVA」展 最終日トークショー
『美学校「絵と美と画と術」補講ーつくるための下地づくり』

出演者:佐藤直樹、マジック・コバヤシ、渡部剛

日時:2月8日(日)18:00頃から
入場料:1000円(1ドリンク付き)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています

2015-02-01 | Posted in NewsNo Comments »