手探りからはじまる

20130814-2

神田の司町。
40年以上もの間、紙の倉庫として使用されていた場所。
紙の倉庫だったため、窓も板でふさがれ密封されていた一軒家の古民家の一階。

板でふさがれた窓をあけ、窓からつくり、…
地面をほり、壁をつくりなおし、はじめての経験すぎて失敗と笑いの連続でした。
ようやく、やっとこさ、約1年かけて自主施行させていただき、
オープンすることができそうです。

一からなにもわからないまま、はじまり
たくさんの方に助けていただき本当に感謝しています。

小さな倉庫だった空間は、
手探りからはじまる昼間は喫茶、夜はお酒も飲める場所として。
カフェとギャラリーを併設した空間になる予定です。

古本と古道具、器やオブジェ、
版画やポスター、古写真などを都市工芸と名付け
街から集められたアノニマスで風変わりな品々を
展示販売します。
壁面をギャラリーとしての企画展や、
物作りワークショップ、トークショー、ライブなどの
イベントも少しずつ計画させていただいております。

 

来ていただいた方が
ゆっくりとのんびりくつろいで
いただけるような場所をつくれるように。

2013-08-19 | Posted in BlogNo Comments »