黒田潔「線」 2014年8月23日(土)~9月23日(火)

kuroda_main_s

TETOKAでは、2014年8月23日(土)から9月23日(火)の会期で、黒田潔の個展「線」を開催いたします。
黒田潔は、1975年東京都生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科グラフィックデザイン専攻修了。東京を拠点に、イラストレーター、アートディレクターとしてマスメディアの分野で活躍する一方、繊細でダイナミックなドローイングを武器に数多くのアートワークを発表しています。近年では、ナム=ジュン・パイク・アートセンター「Now Jump!」展(2008年)や、東京都現代美術館「MOTアニュアル2010:装飾」展(2010年)における大画面のウォールペインティング、アラスカの森の情景を描いた作品集『森へ』(2010年)、古川日出男とのコラボレーション『舗装道路の消えた世界』(2012年)が記憶に新しいところです。更に2014年には、「舗装道路の消えた世界」がパリ装飾芸術美術館のパブリック・コレクションに収蔵されました。
都心ながら自然に恵まれた環境で育った黒田は、東京の都市文化を背景とした現代的、装飾的な線遣いで、幼少期から関心を持ち続けている動植物の世界を描いています。動物や昆虫が今にも動き出しそうな躍動感あふれる画面、植物の持つエロティックでなまめかしい質感の描写、自然の崇高さを感じさせる繊細で綿密なタッチからなる作品は、白と黒を基調としているにもかかわらず、鑑賞者に鮮やかな印象を残します。
今回の個展では、近年中心となっていた鉛筆を使用した精密な描写から離れ、黒田の原点ともいえる白黒のシンプルなタッチによる新作ドローイングを発表いたします。8月23日(土)には、アーティストを囲みオープニング・レセプションを開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

(企画:Yu Murooka)

展覧会概要
展覧会名:黒田潔「線」
会期:2014年8月23日(土)~9月23日(火/祝)
[オープニング・レセプション 8月23日(土)19:00~22:00]
[関連イベント「ザ・ベスト選」9月13日(土) 18:30開場/19:00開演]
イベント詳細はこちら→ http://tetoka.jp/archives/1484
[クロージング・レセプション 9月23日(火・祝)17:00~22:00]

黒田 さんは下記日程に在廊予定、
最終日の23日にはライブペイントを開催いたします。
17日(水)18時~19時
19日(金)18時~20時
20日(土)18時~19時
23日(火・祝)17時~ ★19時からライブペイントを開催

営業時間:16:00~23:00
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。TETOKA ホームページFacebookをご確認下さい。
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
企画: Yu Murooka

2014-08-20 | Posted in ExhibitionNo Comments »