(Cover Art by Satoshi Ogawa)

テトカでは7月31日(土)~9月5日(日)の会期で「成井窯と益子」展 を開催いたします。

栃木県益子は遠い昔から陶芸の里でありました。おもに日用雑器を生産し、日本中津々浦々に届けていました。昭和の初め、民藝運動を主導した濱田庄司が窯を築き、益子の伝統の上に新しいスタイルを確立し、現在では益子の伝統的な公共的スタイルへと変化しています。益子の真ん中、円道寺の地に成井窯はあります。成井恒雄が築いた三室の登り窯を家族で護り続けています。

成井亙、成井ふみ妹の川崎桃子の三人が、師匠である先代の意思をついで伝統的な作法で作陶に励み、蹴ろくろで土を引き、釉薬を流し掛け、薪を割り火入れから三日ほどかけて三室の登り窯を焼き上げています。そのおおらかな蹴ろくろの造形と、益子の土と、登り窯の炎による釉薬の変化は現代の物づくりには無い、太古の息吹が宿っています。

写真家の高橋恭司さんから、ご自身でも作陶する成井窯をご紹介頂きこの度「成井窯と益子」展を開催する運びとなりました。 成井窯の造形にテトカの展示アーティスト達による絵付けを施したコラボレーションのシリーズと、成井窯の先代から続く伝統的な作品を並列に展示販売致します。ぜひこの機会にご高覧下さい。

手と花は、神田の飲み屋兼ギャラリーである。コンサバな世の中をはみ出した気の優しい造形家や美術家が集まる場所ではあるが、僕の展示の縁で益子とつながることになった。日頃自然に触れていない手と花チームがいきなりあの、微粒子的光の益子で何を感じなにを作るのだろうか。作品の中には益子の土水火がすでにうねっている。まだ作品が出来上がる前から。
(髙橋恭司)

参加アーティスト
成井窯| 成井亙 成井ふみ 川崎桃子
手と花| 小林千絵子 手塚敦嗣 小川哲 西村文江 コグレチエコ 井出佳美 高橋沙絵 銭谷耕大

※ イチトニブンノイチの焙煎コーヒー
会期中、益子のイチトニブンノイチのオリジナル焙煎コーヒー豆の販売と、オリジナルコーヒーを成井窯のコーヒーカップにてご提供致します。

益子で珈琲と文化の旗を振り16年目に至ります。
最近の興味は見猿聞か猿言わ猿、
いや本当は、見たくない 聞きたくない 喋りたくないのかも知れません。

守り 破り 離す 
繰り返し 繰り返し その先
もっと もっと 珈琲と文化を!
(自家焙煎珈琲イチトニブンノイチ 主人)

展覧会概要
展覧会名:「成井窯と益子」展
会期:2021年7月31日(土)~9月5日(日)
営業時間: 14:00~20:00(LO19:00)
※ 社会情勢により営業時間が変更になる場合がございます。
ご来場の際にはホームページ、snsでのご確認をお願いいたします。
休廊日:水曜日
会場:手と花|TETOKA
住所:東京都千代田区神田司町2-16-8.1F
Tel : 03-5577-5309
※緊急事態宣言発令に伴い解除まで、お酒類のご提供は終日中止させていただきます。
※換気のため、店舗引き戸を開けた状態で営業しております。店舗内では、次亜塩素酸水噴霧器にて除菌と加湿に努めます。入口、店内、トイレに除菌スプレーを置き(手指消毒としてご利用ください)ご来場いただいた際はマスク着用の上、手指消毒の実施、手洗いや、うがいなど、ご協力を頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。ご自身の健康と体調に気をつけつつ、無理のない範囲でご来場、ご高覧いだだければ幸いです。