手と花では10月2日(土)〜11月7日(日)(日)の会期で GREAT THE KABUKICHO PHOTO EXHIBITION【Tits】を開催いたします。

あらゆる「本物」を探し、自らが奮い立つ瞬間、場所、人を求め国内外を縦横無尽に駆け巡る写真家、グレート・ザ・歌舞伎町。

2019年9月。手と花-TETOKA-で初めて開催された写真展 “どうよ【DOUYO】” から約2年を経て、待望の新作とともに再びTETOKAに登場する!!

新作のタイトルは【Tits】。
踊り子(あいa.k.a.鈴香音色)のステージを軸に「ストリップ」という日本独自のカルチャーを活写した鮮烈な作品が揃い、同名の写真集も完成。

神話の時代——。
アメノウズメは岩戸に隠れてしまったアマテラスを呼び戻そうと半裸で踊り、八百万の神を熱狂させた。
昭和の全盛期、全国に300軒以上あったストリップ劇場は、現在18軒と風前の灯火だ。

先行き不透明な今こそ……あなたも脳内Let’s Dance!

Great The Kabukicho / グレート・ザ・歌舞伎町

写真家。東京生まれ。主に雑誌や広告、ライヴ撮影で活動。

https://greatthekabukicho.com/

◎主な写真展
2005年
●「LHASA IN EXILE ~ CELEBRATION OF 70th BIRTH ANNIVERSARY OF H.H.THE 14th DALAI LAMA」 (SPACE FORCE)
●「X-COLOR/グラフィティin Japan~Making the X-COLOR」 (水戸芸術館)
2011年
●「どうぞ【DOUZO】」(Mercedes-Benz Fashion Week Berlin「東京楽団」) 2013年
●「若松孝二」(B GALLERY)
2015年
●「グレート・ザ・歌舞伎町 写真展」(TOKYO CULTUART by BEAMS、B GALLERY)
2016年
●「“OUTSTANDING” Supported by STUSSY」(STUSSY SHIJUKU CHAPTER)
2017年
●「BlackEyePatch presents Great The Kabukicho “RED EYE BLACK CAT” 」(DOMICILE TOKYO)
2019年
●「どうよ【DOUYO】」(TETOKA)
2020年
●「どうよ【DOUYO】」(SQUASH DAIMYO)
2021年
●「Tits 」(SQUASH DAIMYO)

◎主な作品集
『抱くことば』ダライ・ラマ14世との共著(イースト・プレス)
『どうぞ【DOUZO】』
『若松孝二』(TOKYO CULTUART by BEAMS)
『Great The Kabukicho』(Doumori Publishing)
『OUTSTANDING』(STUSSY)
『RED EYE BLACK CAT』(BlackEyePatch)
『どうよ【DOUYO】』

◎NEW!!
写真集『Tits』(Kotatsu Party Production/Document Marker)
初版限定500部|182×257mm|64P|カラー

「おっぱいで世界平和♥」をモットーに、2021年デビューから11年を迎えた踊り子 "鈴香音色" 。グラフィティを介して彼女に出会った写真家"グレート・ザ・歌舞伎町" が、各地のストリップ劇場内外で撮りおろした写真集。装丁は『 円空仏 -Enku Butsu-』や『JINJA TRAVEL BOOK』シリーズなどでタッグを組んだ鵜飼悠太が担当。

展覧会概要
展覧会名:GREAT THE KABUKICHO PHOTO EXHIBITION【Tits】
会期:2021年10月2日(土)〜11月7日(日)
営業時間: 14:00~21:00(LO20:00)
※ 社会情勢により営業時間が変更になる場合がございます。
ご来場の際にはホームページ、sns、お電話でのご確認をお願いいたします。
休廊日:水曜日
会場:手と花|TETOKA
住所:東京都千代田区神田司町2-16-8.1F
Tel : 03-5577-5309
※東京都におけるリバウンド防止措置に伴い、お酒類のご提供は20時までとさせていただきます。
※換気のため、店舗引き戸を開けた状態で営業しております。店舗内では、次亜塩素酸水噴霧器にて除菌と加湿に努めます。入口、店内、トイレに除菌スプレーを置き(手指消毒としてご利用ください)ご来場いただいた際はマスク着用の上、手指消毒の実施、手洗いや、うがいなど、ご協力を頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。