main


2016年8月5日(金)から8月28日(日)の会期で、天久聖一×よシまるシンのユニットによる初の展覧会「ロゴゴ展」を開催いたします。
これまでに、『電気グルーヴ20周年のうた』MV(2013年)や、25周年記念ツアー “塗糞祭” ロゴ(2014年)などのコマーシャルワークを共作し、公私ともに20年来の付き合いである、天久聖一とよシまるシン。
かねてより「ロゴ」「文字」「言葉」に興味を抱いてきた二人は、2010年より6年間続けている企画「ロゴドリル」において、世間にあふれる言葉と架空の造語をロゴとしてデザイン、発表してきました。
本展では「象形文字の誤解釈」をテーマに、漢字をモチーフにしたシュールでポップな新作のロゴ作品を発表いたします。会場では、ステッカー、キーホルダー、マグカップなどの展覧会オリジナルグッズの販売も予定しております。
初日の8月5日(金)には、20時よりオープニング・レセプション行うほか、8月20日(土)には関連イベントを予定。展覧会をモチーフにした飲食メニューを用意し、皆さまのお越しをお待ちしております。
ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

(企画:Yu Murooka)

 
【作家コメント】
いままで二人ではいろんなパロディロゴを制作してきたんですが、今回はオリジナルに挑戦します。
ロゴというと普通は言葉の意味を掘り下げて、象徴化したり、抽象化する作業ですが、ウチらがやりたいのはまったく逆で、意味から遠ざかることです。象形文字の元となった事物を敢えて間違えて、ぜんぜん違う具象に落とし込むとか、よく海外でつくられた日本語のTシャツをネットで見るんですけど、外人はもとの意味を知らないからとんでもなくマヌケな言葉や文字を、デタラメは配置でデザインしたりしてるんですよね、ああいうのが大好きで、近いというわけではないけど、同じスピリッツでやろうと思ってます。
オリジナルと偽物、オシャレとダサさ、可愛さと下品さ、プロと素人……その両方のバランスの中でどこに着地点を求めるか、いつも考えているのはそういうようなことです。でもとにかく2人ともまず「ウケたい!」という体質なので、バカだなあと面白がってもらえればと思います。
- 天久聖一 × よシまるシン

【プロフィール】
天久聖一(あまひさ・まさかず)
マンガ家/演出家/作家/映像作家
1968年香川県生まれ、東京を拠点に活動。電気グルーヴ『モノノケダンス』(2008年)、『カフェ・ド・鬼』(2004年)、ゆらゆら帝国『美しい』(2010年)をはじめとするミュージック・ビデオのほか、シティボーイズミックス『動かない蟻』(2011年)や日本悲劇総合協会『不倫探偵~最後の過ち~』(2015年)など舞台の作演出を手がけ、幅広い媒体で活躍中。代表著書に、『バカドリルシリーズ』(1994年-)、『ブッチュくん全百科』(2011年)、『味写入門』(2010年)、『こどもの発想』(2011年)、小説『少し不思議。』(2013年)。

よシまるシン(よしまるしん)
デザイナー/イラストレーター/映像作家
1972年岩手県生まれ、東京を拠点に活動。これまでに、DMM.makeウェブ企画「猫相関図」(2014年)、映画『バクマン。』エンドロールコミックデザイン(2015年)、日清のどん兵衛特設ウェブサイト「どんばれンタイン相関図」(2016年)、など多様なコマーシャルワークを通して、積極的に作品を発表している。

展覧会概要
展覧会名:天久聖一 × よシまるシン 「ロゴゴ展」
会期:2016年8月5日(金)-8月28日(日)
【 オープニング・レセプション:8月5日(金)20:00-22:00 作家来廊 】
【関連イベント:「一夜スナック 来夢来人(らいむらいと)」】
天久聖一とよシまるシンによる、一夜限りのスナック「来夢来人」が開店!
常連客のイラストレーター・白根ゆたんぽ氏とともに、過去から「ロゴゴ展」までの軌跡を、ほろ酔いトークでたどります。
日時:8月20日(土)19:00開演(21:00終演予定)
ゲスト:白根ゆたんぽ
料金:1500円(2ドリンク付、簡単なおつまみサービス)

営業時間:16:00-23:00
休廊日:水曜日
イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。
TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。
会場:TETOKA
東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
Tel: 03-5577-5309
観覧料: 1ドリンクご注文制
企画:Yu Murooka